10月12日にNHK総合テレビで放送開始予定のドラマ10『昭和元禄落語心中』(毎週金曜夜10時~、連続10回)の主題歌が、ゆず書き下ろしの新曲「マボロシ」に決定した。ゆずの北川悠仁は楽曲について「今までのゆずにはない、切なく幻想的な楽曲に仕上がりました」と語っている。

 累計190万部を突破、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーでマンガ賞を総なめ、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしている、雲田はるこ氏原作『昭和元禄落語心中』のドラマ化。戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆で結ばれた若者たちの友情、師弟や男女の情愛や嫉妬、別れ、無二の親友の事故死を巡るミステリーなどを描くヒューマン・ドラマ。

 主人公の有楽亭八雲を演じるのは、岡田将生。脚本には連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介氏。音楽には村松崇継氏、演出には映画監督のタナダユキ氏らを迎えた。

 岡田は制作開始発表時、「このドラマのお話を頂いたときは正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品の為に落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです。しかし、僕が演じさせて頂く八雲という人物に、どんどん興味が沸き演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました。今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみに待っていてください」と語っていた。

 そのドラマの主題歌として新曲「マボロシ」を書き下ろしたのはゆず。北川悠仁は以下の通りにコメントしている。

 ◎北川悠仁(ゆず)コメント

 今回ドラマ主題歌のお話をいただき、初めて原作を読ませていただきました。夜中に読み始めたところ、あっという間に物語の世界観に引き込まれて、全巻読み終わる頃には朝を迎えていました。

 すべての登場人物に「生と死」「愛と憎しみ」「美しさと残酷さ」がはらんでいて、“落語”という明るいテーマとは裏腹に、巻きおこる物語の激しさに、読んでいてゾクゾクしました。どのキャラクターも本当に個性的なので、キャストの皆さんがどのように役を演じていくのか、とても楽しみにしています。

 「マボロシ」を制作する上で最初に思ったことは、今までゆずが表題曲の中で表現してきたポップさだったり、前向きさだったりを手放し、新たな自分たちの表現を目指すことでした。「昭和元禄落語心中」の物語が持つ闇、その中に潜む美しさを楽曲で追い求めました。

 試行錯誤の末、“マボロシ”というテーマが浮かび、このキーワードと物語に背中を押され、今までのゆずにはない、切なく幻想的な楽曲に仕上がりました。また、ゆずの核である歌も、いつも以上に可能性を模索しています。

 新たな扉を開かせたくれたこの物語との出会いに、心から感謝しています。

 ※なお「昭和元禄落語心中」主題歌「マボロシ」は第1回の放送(10月12日)から流れる予定。

記事タグ