シドが3日、神奈川・CLUB CITTA’で全国ライブハウスツアーをスタートさせた。以下はオフィシャルレポート。【文=宮本英夫/撮影=今元秀明】

撮影=今元秀明

撮影=今元秀明

 遂にこの日がやってきた。SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」の初日、9月3日の神奈川・CLUB CITTA’だ。「いちばん好きな場所」とは、2008年のインディーズ・ラストツアーで初めて掲げられ、2010年のライブハウスツアーでも使われた、シドの原点を示す重要なタイトル。結成15年、バンド史上最大規模の31公演に及ぶ大ツアーに臨み、三たびそのタイトルを掲げた4人の思いとは? 午後7時5分、期待、緊張、興奮が入り混じった会場内の空気は、すでに発火寸前だ。

「行こうか、川崎!」

 ゆうやが叩き出す猛烈な2ビート、明希の重くうねるベース、Shinjiの高速ギターリフに乗ってマオが叫ぶ。8月に出た新作ミニアルバム『いちばん好きな場所』の1曲目を飾った「VOICE」は、生で聴くとよりエモく激しく、サビで一気に空間が広がる感触がたまらなく気持ちいい。同じく新作からの「reverb」は、エレクトロ・サウンドを大胆に取り込んだヘヴィなメタリック・ダンスロックで、前作『NOMAD』収録のメタルチューン「XYZ」と並べて聴くと、興奮が倍増する。「頭からぶっ飛ばしていくぞ!」と叫び、マオが客席最前列に両足を突っ込んで歌っている。差し出された何本もの腕でマオが宙に浮いているような、その光景が一枚の美しい画に見える。

撮影=今元秀明

撮影=今元秀明

「ここが俺たちとお前たちの、いちばん好きな場所です。待った? 俺も待ちまくった。やっと今日が来た」(明希)

「18年前にここに立ったことがあるけど、お客さんが3人しかいなかった。でも俺はガンガン頭振ってた。3人だろうと1000人だろうとやることは一緒です」(Shinji)

「緊張してたでしょ? 俺も緊張した。でもそろそろ、ちったー(ちょっとは)ほぐれてきたんじゃないの?」(ゆうや)

撮影=今元秀明

撮影=今元秀明

 セットリストは、新作『いちばん好きな場所』を中心に、4月にリリースされた『SID Anime Best 2008-2017』の楽曲にも光が当てられる。『劇場版アニメーション「黒執事( Book of the Atlantic」』の主題歌になった「硝子の瞳」は、スピード感と哀愁とポップさが絡み合うシドの得意技だ。とにかくこの日のシドは力強く演奏し、しっかり歌うことに専念して、セットも含めて余計な装飾は一切ない。これがライブハウス、シドの原点だという意識がビンビンに伝わってくる。マオの表情も、いつも以上に笑顔いっぱいだ。

 この日のハイライトをいくつか挙げるなら、その一つは間違いなく「その未来へ」だった。『いちばん好きな場所』の3曲目に置かれたバラードは、ライブハウス空間の中で、想像を超える豊かな広がりを聴かせてくれた。その未来へ、あなたへ、繋げよう。この歌はきっと、ツアーのアンセムになる。そう確信させる、真心のこもったパフォーマンス。

撮影=今元秀明

撮影=今元秀明

「昔はセットリストに、いろんな曲を入れて盛り上げようとしていたけど、今は“流れ”を大事にしてる。並べた時にどう響くかを、それが重要だと思うから」

 マオの言葉通り、アッパーとスロー、激しさと柔らかさの区別だけではなく、流れの中で一つの大きな画を描いてゆく、パズルのような選曲が面白い。だからこそ、「マスカラ」のように懐かしい曲も、サイケな妖しさと解放感を兼ね備えたダンスロックとして、耳に新しい。ミニアルバムからの「ラバーソール」のような新しい曲も、屈託なくシンプルで明るいロックチューンとして、心に映える。15年続けたライブバンドの定番を盛り込みつつ、その先の未来へ向け、新しい刺激を生み出す。バンドの狙いは明確だ。

 やはり初日の緊張感があったのだろう。アンコールは本編とは違い、かなりリラックスした4人の姿が見られた。メンバー紹介のタイミングを間違えてゆうやとマオが笑い合ったり、マオが観客に「どうやるんだっけ?」と聞いて場内が爆笑に包まれたり。かっこよく決めたシドもいいが、ちょっとずっこけた飾らない素顔のシドもいい。15年かけて彼らは、どちらの顔にも磨きをかけ、それが多くのファンを引き付けてきたのだと、幸福感いっぱいの客席を見ながらそう思う。

「この長いツアーのグランド・ファイナルを、来年3月、横浜アリーナでやります。横浜アリーナは、「dead stock TOUR 2011」の時に、震災で一回飛ばしちゃってるから、絶対にやりたかった。しかも震災の前日の3月10日。運命的なものを感じます」

撮影=今元秀明

 突然の発表に、すさまじい歓声と拍手が湧き上がる。これはリベンジではなく、願い。シドに関わるすべての人の思いは、きっと同じだろう。そしてこの日、最後に披露されたのは、ミニアルバムのタイトル曲『いちばん好きな場所』だった。弦楽器をフィーチャーした雄大なロックバラードは、「その未来へ」と並ぶツアーのアンセム候補だ。Shinjiのギターソロの、震えるような気持ちのこもり方が普通じゃない。少し前のMCで明希は「違うバンドじゃないの?っていうぐらいになって帰ってくるから」と言ってくれたが、ツアーが終わる頃、バンドが、そしてこの歌たちがどれだけ成長するか。その時が今から楽しみだ。

「15年経っても、ライブハウスが「いちばん好きな場所」だと言える俺たちを、素敵だと思う。これからも、そう思えたら素敵だよね」

 マオの最後の挨拶に、15年の自信と、ファンへの愛情がにじみ出る。まずはツアーを完走し、次の目的地、2019年3月10日の横浜アリーナへ。1本1本のライブに思いを積み重ね、15周年のストーリーはまだまだ終わらない。

記事タグ