MAG!C☆PRINCEの大城光(23)平野泰新(23)永田薫(21)西岡健吾(20)阿部周平(20)と、五木ひろし、お笑い芸人のイモトアヤコが3日、都内でおこなわれた、『イモトのWiFi』新CM発表会に出席した。

 2017年度のCM高感度ランキングで、9月には10位、10月は7位と高位置にあったという「イモトのWiFi」のCM。さらなる好感度アップを目指し作られた今回のCMに、宣伝部長に就任しているイモトとMAG!C☆PRINCEが出演。「私はイモトパート2 渡し船篇」「私はイモトパート2 酒場篇」という2つのバージョンが作られており、演歌PVの定番でもある情緒的な「渡し船」「酒場」のシーンが、それぞれタイの水上マーケットと屋台だったというオチをつけたユニークな仕上がりとなっている。また昨年CM用の歌を歌っていた八代亜紀から、今年は五木にバトンタッチされている。

イモト、五木の“イモト”連呼に喜び

 初対面のイモトに対して、五木は「テレビで一視聴者として見ていますが、すごいなと。色んなところに行かれているし」と、“珍獣ハンター”の名を持つイモトの活躍ぶりを賞賛しながら、その印象を「見てやはり、そのまんまでしたね、眉毛とか」とあっさりとコメント。それでもイモトは、五木との対面に感激、歌で五木が何度も“イモト”という名を連呼することに対して「自分の名前を呼んでもらうって、そんなにないから嬉しいですね。それに何回も言ってもらって」などとコメント、会場を沸かせる。

西岡健吾とイモト、五木ひろし

西岡健吾とイモト、五木ひろし

 また五木が演歌界の大御所であることから、阿部が緊張していることを明かすと五木は「5人というのは縁起がいいですよね、5という数字が」と自身の苗字にある5の数字を取り上げ親近感を見せると、5人は嬉しそうな表情を見せた。

 一方で、今回五木がオファーを受けた際は、WiFiという言葉がピンと来なかったことを明かし、子供に教えてもらっていたことを告白。2年前にプレゼントされたことがきっかけで、それまでガラケー一筋だったのをスマホに乗り換えたという。今ではその便利さにのめりこんで、家族のグループラインを使いこなし、スタンプまで使っていることを明かしながら「娘と女房が片時も離そうとしないのが、よくわかります」とその使い勝手を実感した様子。

 また、このサービスは一度に5人が共有して使用できることに対し、五木も海外旅行などで家族4人にて利用していたことを明かすと、イモトは「憧れます。良いですよね、家族って良いですよね、って日に日に思います」とうらやましそうな声を上げながら「今後作られれば。予定はないですけどね」などと語っていた。

左手でマイク、右手で拳 五木のあのポーズの由来とは!?

 今回のCMの舞台になっているタイの町並み。撮影はブルーバックによる合成のため、出演者はタイには行っていないが、タイについての印象をそれぞれが語る。イモトは「お仕事で何度も行っていますけど、素手でから揚げを揚げる男の人に出会いました。屋台が出ているところでは結構ゴロゴロいて、“熱くない”と言っていたんですけど、絶対熱いですよね」などとビックリエピソードを振り返る。

五木ひろし

 一方、五木はもともとデビューを果たした事務所が、実はタイが本場であるスポーツ・キックボクシングの事務所であったことを振り返り「空手の経験もあったから、キックボクシングの選手とスパーリングをしたりしていた。それこそ事務所に入ると、(ケガ防止用の)ワセリンの匂いがプンプンしていた」などと回想。また五木のトレードマーク的なポーズである、左手でマイクを持ち右手で拳を握るポーズに関して「マイクがハンドマイクになって、それを左手で持つじゃないですか。そして半身で構えて、右手は拳を握る。実はファイティングポーズなんですよ」と、そのポーズの由来をコメント。一堂納得の表情で、フォトセッションでも皆でポーズをとるなど、会場を沸かせた。

 また、この日はCMで披露されている歌「私はイモト」の未発表の特別90秒バージョンを五木が披露。“WiFi”など歌で普段歌われないようなキーワードが込められていることで「緊張した」と収録にも苦労した五木だったが、レコーディング後初の歌披露ということもあり、さらに緊張もひとしおだったと語る。しかしそれだけにステージに立てたという喜びもあったと明かす五木に、祖母が演歌好きだった影響で、自身も歌えるというイモトは「いつでも歌う準備はできています。いつかデュエットも」と提案。五木も「いいねえ!」と同調すると「どんどん話し進みますけど、いいですか?」と返答、五木は「これをご縁に、機会があれば」とまんざらでもない様子を見せた。

五木、『サザエさん』舟さん役・麻生美代子を偲ぶ イモトは安室奈美恵引退に前向き

 本CMでは、MAG!C☆PRINCEのメンバーは、イモトとマジかで顔を合わせて向き合う刺激的なシーンも披露。「基本、じっと見詰め合っていた」と振り返る阿部だったが、その際のイモトに対して西岡は「イモトさんが結構ためらいなく、肉食感をおぼえた」と危険な雰囲気を感じ取った撮影の様子を回想すると、イモトは「本職はハンターなので」などとコメントし笑いを誘う。一方で5人の中で対面した際に一番緊張感を覚えたメンバーを尋ねられると、イモトは永田を指名。対して西岡には「あまり男を感じない。いい意味で」などとコメントし沸かせた。

イモトアヤコ

 一方、この日は奇しくもアニメ『サザエさん』で磯野フネ役の声を務めた声優の麻生美代子さんが死去されたことがわかり、以前実写版ドラマにて磯野家の隣人の主人・ノリスケ役を演じたことのある五木は「大変残念ですが、これからもサザエさんは残り続けていくでしょう。ご冥福をお祈りします」と故人を偲んだ。

 また、今月16日に引退する安室奈美恵の大ファンとしても知られるイモトは、7月放送の日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』で安室と初対面を果たしたことを振り返り「番組でお会いできて、32年生きてきた中で、最高の出来事でした」と感激の思いを明かしながら「すごく前向きな引退だと思った」と安室の引退に肯定的であることを明かしながら、安室ロスについては「ありません」と断言し「16日まで全力で応援して、それ以降も一生ファンです」と語った。

 海外用モバイルデータ通信サービス「イモトのWiFi」の新CMは、4日より放送開始される。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ