BLUE ENCOUNTが1日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催のライブイベント『RockCorps supported by JT 2018』のセレブレーション(ライブイベント)に登場。テレビ東京系アニメ『銀魂』のオープニングテーマにもなった「VS」や代表曲「もっと光を」などを披露した。

 この日2番手で登場したブルエン。BGMが鳴りびくなか、ゆったりとした足取りでステージに立つと、田辺駿一(Vo&Gt)はギターを弾き少し歌い「幕張メッセ準備できてますか! もっと声を聞きたいな! 準備できてますか!」と煽って「Survivor」を披露。いきなりのトップギアで会場を盛り上げていく。

 「好きに踊って!」と「LIVER」。会場のペンライトは激しく揺れていた。ここで田辺。「凄いな。めちゃくちゃみんな元気だね。最高です。ここにいる全員がボランティアをして、最強の仲間たちだと思います」と讃える。彼ららしいユーモアあふれるトークも見せて、「VS」と怒涛のサウンドを聴かせていく。

 そして、田辺が「偽善に思うかもしれないけど、格好をつけていると思われるかもしれないけど、あなたの流した汗は誰かの光になるんじゃないかなと思います。俺はこのイベントに参加できたことを誇りに思います」と讃え、最後は代表曲「もっと光を」。最初から最後までブルエン色に染め上げ、終幕した。

 ライブ後の囲み取材でも笑いが絶えなかった。カメラマンの要求に気さくに応え、様々なポーズを見せていく。そんな彼らに周囲は笑顔が絶えない。

 ブルエンとしてもこのイベントでボランティア活動に参加している。田辺は「ボランティアに参加しましたが、笑顔が絶えない場所でした。それ以降、今日のことを視野に入れ考えて過ごしてきました。とにかくみんなが笑って過ごせるそんな1日に過ごせるようなライブにしたいなと思っていたので、それが自分達でできたというのは自信が持てました。なによりもお客さんが温かくて。同じ目的で集まった皆はこんなに温かいのか、とステージ上で感じました」と語った。

 このライブの魅力を田辺は「このイベントの魅力は、一つのことを成し遂げるために集まる団結力にも似たような感じというか、フェスであることは間違いないんですけど、どのフェスよりも温かさは日本で一番かなと」と語り、辻村勇太(Ba)は「観客との距離感が近かった」、江口雄也(Gt)は「年齢層も幅広かった」と振り返った。

 また、 高村佳秀(Dr)は「こうした体験を今度はご自身が周りに伝えていってほしい」と更なる発展を期待した。【取材・撮影=木村陽仁】

記事タグ