加藤ミリヤが1日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された、ボランティア推進プロジェクト『RockCorps supported by JT 2018』のセレブレーション(ライブイベント)に登場。この日のトップバッターを飾った。

 『RockCorps』は、音楽フェスと社会貢献活動を結び付けたイベントで、4時間のボランティア活動をすると、「セレブレーション」と呼ばれるライブに参加する事ができる。

 幕開けに相応しく「Heart Beat」でスタート。「皆で盛り上がっていきましょう!」と呼びかけ、盛り上げる。ダンサーを引き連れてのパフォーマンスと、伸びやかな歌声で一気に彼女の世界観に染め上げる。

 2曲目からメドレー。短編小説で紡ぐ物語のように様々な世界観を見せていく。ギター、ベース、ドラム、キーボードにDJ、そしてダンスパフォーマーという豪華編成のなかでみせる。

 そして、「人のための自分でありたい、誰かのことを強く思うとせつなくなったり、『あの人今何をしているんだろう』と考えたり。前に進む人の勇気がいることで、そういう人たちは勇者だと思っていて、そうした思いを込めた曲です」と、「勇者たち」を披露した。

 その後は「新約ディアロンリーガール」と歌い、最後は再びダンサーを携えての「ROMANCE」。大盛り上がりの中、加藤は力強く歌い上げ、魅了した。

 イベント後の囲み取材で加藤は「凄く温かく迎えて下さいました印象です。トップバッターを務めましたが、最初から会場が温まっているような感じで、準備が出来ているなと。凄く楽しかったです」と語った。

 加藤自身もボランティア活動に参加した。「世界中を探しても『RockCorps』にしか得られない感動があります。ボランティアを通じてオーディエンスの皆さん、ステージに立つ私たちとの見えない絆で繋がっているように感じて。皆さん音楽が好きで、音を楽しみたくて、且つ誰かの力になりたいという思いを強く思っている人たちだらけ。会場は素晴らしい空間でした」とこのイベントの魅力を語った。【取材・撮影=木村陽仁】

セットリスト

01.Heart Beat
02.メドレー
 Unique
 FASHION
 This is my party
 あたしの細胞
03.勇者たち
04.新約ディアロンリーガール
05.ROMANCE

記事タグ