ボランティア活動と音楽フェスを融合させたイベント『RockCorps supported by JT 2018』のセレブレーション(ライブイベント)が9月1日、千葉・幕張メッセで幕を開ける。この日は、加藤ミリヤやBLUE ENCOUNT、KEYTALK、でんぱ組.inc、英シンガーソングライターのエリー・ゴールディングが出演。高橋みなみがアンバサダーとして出演する。幕開けに先立ち、RockCorps共同創設者兼CEOのスティーブン・グリーン氏が記者による囲み取材に応じた。

 4時間のボランティアをおこなうとセレブレーションを観覧できる『RockCorps』。2005年に米・ニューヨークで初開催され、レディー・ガガやマルーン5など、世界のトップアーティストらが参加してきた。日本では2014年に初開催され、今年5年連続の開催となる。

 「1年で大好きな日です。一生懸命、ボランティアを頑張ってきた人達が出会える場所です。『RockCorps』の一番の魅力は『Give,Get Given』というコンセプト。文字通り時間を使うことでチケットを入手することができますが、それ以上にコミュニティを得ることができることです。その中心にあるのが音楽。音楽によって人々が繋がる。音楽は世界共通の『Universal Language』だと思います。そして、ボランティア参加者にはまずありがとうと言いたいです。普段の生活から一歩踏み出してボランティアをすることに対して感謝しています。きょうは思いっきり楽しんでほしいと思います」

 2014年に福島・あづま総合体育館でアジア初開催、昨年から会場を幕張メッセに移し今年5年目を迎えた。場所を移したことで変わるものがあるのだろうか。

 「もちろん関東で開催するときと、福島で開催するとき、世界各地で開催するときとで違いはありますが、それよりもいかにそれが同じかということに注目して欲しい。音楽を通じて人々が繋がっている、頭じゃなくてハートで繋がっていることなので、それが全世界共通ということなので、それを感じてほしい」

 場所は変わっても変わらない音楽。トップバッターを飾るのは加藤ミリヤ。午後0時半の登場だ。いよいよ、笑顔と汗で取り組んできたボランティアの集大成のライブが始まる。【取材・撮影=木村陽仁】

記事タグ