木村拓哉と工藤静香の次女で、モデルのKoki,が、ファッションメディア『ELLE』(ハースト婦人画報社)のキャンペーンムービーに起用され、そのムービーが9月1日から北海道・東京・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡の7都市65カ所の野外ビジョンや駅のデジタルサイネージで放映される。

 『ELLE(エル)』キャンペーンムービーでは、“雑誌やスマートフォンから飛び出すKoki,”をコンセプトに、多岐にわたる『ELLE(エル)』の世界観を表現。英語と日本語の両方を使う環境で育った彼女が、流暢な英語でメッセージを語る。さらに、5カ所の屋外ビジョン限定ではシークレット映像が流れる。

 キャンペーンムービーおよびKoki,の起用について、「エル」コンテンツ部・デジタルコンテンツ部 編集長の坂井佳奈子さんは「エル・ジャポン7月号で表紙デビューを飾って以来、飛ぶ鳥を落とす勢いのKoki,さん。デビューからわずか3カ月ですが、撮影を重ねるごとにモデルとしての才能を開花していく姿に私たちも大変驚いています。常に女性をエンパワーメントし続ける『ELLE(エル)』と、15歳の少女が夢に向かってまい進する姿をとらえたこのムービーを通してみなさんに元気をお届けできれば、と思っています」と語っている。

 なお、2018年8月に開設した「エル」のLINE公式アカウントでは、友だち限定で閲覧できる独占メイキング動画も期間限定で配信する。

 ◆Koki, モデルデビューと同時に「エル・ジャポン」2018年7月号の表紙を飾った注目の大型新人モデル。ピュアな雰囲気と凛とした意思の強さの両面をもち、そして音楽の才能も溢れる規格外の15歳。英語と日本語の両方を使う環境で育ち、フランス語やスペイン語も勉強中。

記事タグ