ZERO placeの数を1人でも多く増やすことが一番

First place

──「FIRST PLACE」は、グループ名がそのまま曲名になっています。

RYOMA この曲が僕らのテーマソングとして、ライブなどで定番になったらいいなと思って、今回のメジャーデビューシングルのカップリングに収録しました。

KAITO 僕たちの素直な気持ちを、そのまま歌詞に書いていただいています。毎回、歌詞の意味や気持ちを噛みしめながら歌っています。

──ゴールという言葉も出て来ますけど、みなさんの中ではどんなゴールをイメージしていますか?

KENTO ゴールは決めていなくて、行けるところまでどこまでも行きたいと思っています。出来れば世界にも行きたいと思っているし。

──ダンスチューンですが、ライブではどんな風に魅せていますか?

TAIHEI 指で1を作る振り付けがあったり、タオルを回してもらうところとかジャンプするところとかあって。ファンの方にも、一緒に楽しんでいただいています。

──そして、ボーナストラックにはZONEのカバー曲「secret base ~君がくれたもの~」を収録していますね。

KENTO 「secret base」は、ストリートライブで一番たくさん歌って来たので、一番自信があるカバーだし、夏の曲なので今回のリリース時期にも合うんじゃないかと思って収録しました。

TAIHEI KENTOと2人だった時に、初めて出たライブで歌った曲でもあるんです。それがまさかデビューシングルに入るとは思ってなくて、入ると決まった時はすごく感動しました。

RYOMA メンバーみんなキーが高くて、こういう女性ボーカル曲のカバーが出来るのも、僕らの魅力かなって思います。

──ストリートライブと言えば、渋谷・原宿でストリートライブを800回以上やっているそうですね。

RYOMA それだけの回数をやったボーカルグループは、他にいないと思います。多い時は、ほとんど毎日やっていました。原宿で僕らがやってた場所は、今はストリートライブをやる人が増えましたけど、最初にやったのは僕たちなんだぞ! ってことは言っておきたいです。

──ストリートライブで得たものは何ですか?

KENTO メンタルの部分が鍛えられました。人が集まらなくても歌い続ける、忍耐力とか度胸とか。度胸がついたのが、一番大きいかもしれないです。

──動画サイトで歌を発信するやり方の人も最近は多いですが、あえてストリートでやる意味をどんなところに感じましたか?

RYOMA やっぱり、自分たちの歌を生で聴いてもらえることです。SNSでも歌の上手さは伝わるけど、生だとそれ以上のものを伝えることができます。

KAITO それに目の前で、お客さんの反応が確かめられるのは大きいです。こうやったらこういう反応が得られるとか、分かることも多いし、それを次のストリートライブに活かせられます。毎回来てくださる方の顔を覚えたり、直接コミュニケーションを取れたのは大きかったですね。

──これまでどういうカバーを?

KENTO back numberさんとかAAAさんとか。渋谷・原宿なので、女子中高生の間で流行っている曲を選んでいました。あとは、その時に話題になっている曲を選んで、星野源さんの「恋」は、振り付けも覚えて歌っていました。

──メジャーデビューの気持ちだけでなく、そういったこれまでの経験もこのシングルには込められているわけですね。さて、最後に今後の目標をお聞きしたいと思います。

KENTO 僕は、25歳までに横浜アリーナをいっぱいにしたいです。あと1年半くらいなんですけど…。

TAIHEI 僕も、横浜出身なので横浜アリーナはやりたいですね。でもそこで終わりじゃなく、ドーム会場とか世界とか、どこまでも行きたいです。

KAITO 僕は、今回「TREASURE TRAVEL」で作詞をさせていただいたので、僕が作詞作曲をした曲とか、メンバーと一緒に作詞した曲でシングルを出したいです。

RYOMA 0がなければ1は成り立たないと言う意味で、僕らはファンのことを「ZERO place」と呼んでいます。今後は、たくさんの人にZERO placeの仲間になっていただくことで、そこからまた大きな目標や夢が生まれて行くんじゃないかなと思います。だから、まずはそのZERO placeの数を1人でも多く増やすことが一番です。是非僕らの歌を聴いていただいて、ZERO placeの仲間になってください!

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。