Beverly(ビバリー)が、TVアニメ「FAIRY TAIL」ファイナルシリーズ 第1クール エンディングテーマを担当することが発表された。Beverlyは「本当に『FAIRY TAIL』が大好きなので、その作品の最終章のエンディングテーマを歌わせて頂けると聞いた時、びっくりして、とても興奮しました」と喜びを露わにしている。

 原作「FAIRY TAIL」(フェアリーテイル)は、真島ヒロによる漫画で、『週刊少年マガジン』(講談社刊)において2006年から2017年まで連載。コミックスは全63巻発行、幅広い年齢層に愛され、海外からも高い評価を受け全世界累計発行部数6000万部を超える大ベストセラー作品。

 TVアニメシリーズは2009年からこれまでに全277話という長期に渡り放送。監督に石平信司、シリーズ構成に十川誠志、キャラクターデザインに竹内進二&佐野聡彦、音響監督にはたしょう二、音楽に高梨康治、アニメーション制作はA-1 Pictures&ブリッジと、今までTVアニメ「FAIRY TAIL」を制作してきた豪華制作陣が引き続き担当。

 Beverlyは、このファイナルシリーズの第1クールのエンディングテーマとして、未発表新曲『Endless Harmony』を提供する。

 もともと「FAIRY TAIL」の大ファンで、フィリピン在住時の学生の頃からアニメを楽しみに見ていたというBeverlyは、今作のエンディングテーマ「Endless Harmony」の提供に対して以下の通りに語っている。

 「『FAIRY TAIL』は、仲間や家族の重要性を教えてくれたとっても大切な作品です。ナツやルーシィは、問題や、危機に直面した時、みんなで助け合い、戦い、そして乗り越えます。そして、それぞれのキャラクターの魔法が、とてもカッコよくて、興味深いです。(とても羨ましいです!笑)私は本当に『FAIRY TAIL』が大好きなので、その作品の最終章のエンディングテーマを歌わせて頂けると聞いた時、びっくりして、とても興奮しました。本当に感謝しています。毎回エピソードの最後に私の曲が流れると思うと、興奮が収まりません」

 新曲『Endless Harmony』は、「明日の為に、仲間や愛する人を守る為に、未来の為に、戦い続けよう。いつもあなたは一人じゃない。仲間や愛する人はそばに居るから」というメッセージが込められた力強く美しい、ファイナルシリーズを飾るにふさわしい楽曲に仕上がったそうなので、今後の楽曲発表が待たれるところだ。

Beverly(ビバリー) / New Album「24」全曲ダイジェスト

この記事の写真

記事タグ