元AKB48で女優の川栄李奈(23)が公開した“すっぴん”ショットが話題だ。普段のメイク顔との違いにファンは驚き。「誰か分からなかった」「ギャップがやばい」などとその愛らしさが反響を呼んでいる。

 川栄は26日夜遅くに自身のインスタグラムを更新。この日を振り返り、「座ってるだけで汗だくな1日 日焼けするとぐったりしますな~! また明日 おやすみなさい」とファンに向けてメッセージを発信。自らのショットを公開した。就寝直前と思われる川栄。眉毛は薄く、メイクを施していないようだ。疲れたような表情にやさしい口元が印象的で、素顔の“すっぴん”ショットになっている。

 これにはファンから「可愛い」「透明感!!」「肌かとても綺麗」などと称賛の声が寄せられ、反響を呼んでいる。さらに、“すっぴん”ということもあり、いつもの川栄と異なる一面を感じ取る声も。「すっぴんと普段の時のギャップがやばい」「誰か分からなかった」と、メイクをした時との違いを指摘する声も多くみられる。

 川栄は童顔が特徴のひとつ。今月20日には自身のツイッターで、前髪を下げたピースサインのショットを公開。これにモデルの藤田ニコルが驚き、「髪こんな短かったでしたっけ! 可愛いです!」と反応した。公開された画像は、川栄のキュートな顔をストレートに感じさせるショットになっていた。

 今回の“すっぴん”ショットは、本来であれば童顔が一層引き立てられそうなものだが、ファンの中には「すっぴんの方が大人っぽい」「逆に大人っぽくなりますね」との声も。川栄のいつもとは違う魅力が充満しているワンショットと言えそうだ。

 そんな“すっぴん”でもファンを虜にしている川栄は、本業の女優でも引っ張りだこ。2019年公開予定のベストセラー作家・重松 清氏原作の映画化『泣くな赤鬼』への出演も決定。声優としても活躍しており、彼女の魅力を、映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で共演したピエール瀧は「最初に聴いた時『川栄さん?』という感じだと思ったけど、ハマっていて怖ぇなと」とその役柄に見事にハマっていたと高評価していた。

 また、CMでも活躍。川栄が出演するKDDI/au「三太郎シリーズ:auピタットプラン・織姫、登場」篇が、銘柄別CM好感度ランキング(2017年8月前期)において、CM好感度1位を獲得している。

記事タグ