女優の高橋ひかる(16)が26日、東京・新木場STUDIO COASTで開催された、10代限定の夏フェス『未確認フェスティバル2018』ファイナルに登場。同フェスの応援ガールを務める高橋は「忘れられない最高の一日にしましょう!」と開会宣言をおこなった。

 『未確認フェスティバル』は、TOKYO FMのラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』と、タワーレコード・NTTドコモ・レコチョクの3社による企業共同型プロジェクト「Eggsプロジェクト」が共催する、10代アーティストのみによるロック・フェスティバル。2008年に開催された前身のイベント『閃光ライオット』に続き2015年から開催されている。今年は応募総数3065組の中から、10代アーティストの頂点が決まった。

高橋ひかる

 完成に迎えられステージに登場した高橋は「圧倒されています、みんながこういう(フロアに集まった)感じとか」と、会場に沢山集まった観衆の様子に少し緊張した様子を見せながら「でも楽しんでいきたいと思います!」とこの日への思いを語った。そして高橋は勢いよく開会を宣言するとともにギターを掻き鳴らして、イベントの幕を開けた。高橋の宣言した内容は以下の通り。

<開会宣言>

 まだ誰にも認められていない、それでも鳴らさずにはいられない音
 まだこれが何だか自分でもわからない、それでも叫ばずにはいられない衝動
 そんな未確認な才能を、自分すら知らない自分を見つけるための場所
 それがここ、新木場STUDIO COASTです。
 みんな、準備はいい? 本当にいいの?
 今日この一日を、忘れられない最高の一日にしましょう!
 『未確認フェスティバル2018』、スタート!

リツキ

 このイベントでは、昨年に引き続き特別審査員として音楽プロデューサーの蔦谷好位置、ファッションモデルの菅野結以が参加。また、イベントではオープニングアクトとして昨年のグランプリ受賞者であるまたこの日のオープニングアクトは昨年のファイナルでグランプリを獲得したリツキが登場。「偏見」「スプーンの油」「笑顔のイデア」といった楽曲で、昨年も見せた衝動的なステージをここでも披露し、拍手喝采を浴びた。【取材・撮影=桂 伸也】

高橋ひかる

高橋ひかる

高橋ひかる

高橋ひかる

高橋ひかる

リツキ

リツキ

リツキ

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)