今年日本デビューを果たした次世代ボーイズグループ・NCT 127のグループ初となるツアーが開催決定した。2019年2月2日の大阪公演を皮切りに全13公演をまわるというもの。今回のツアーは3月30日と31日に過去最大規模となるさいたまスーパーアリーナの2daysでファイナルを迎える。

NCT 127は、抜群のパフォーマンス力と表現力、そしてセンスの高い楽曲が各所で評価されている多国籍グループ。今年5月に発売された日本デビューミニアルバム「Chain」は、Billboard JAPANのトップアルバムセールスで1位を記録したほか、iTunesのアルバムチャートでも9カ国で1位を総なめにした。

そのNCT 127が、CDデビュー後初となるライヴツアーを発表した。2019年2月2日の大阪公演を皮切りに全13公演をまわるという。昨年11月におこなったお披露目イベント"connect"では、グループ名にちなんで127人の観客を招待。その後今年の4月~5月には、日本デビューショーケース〈Showcase Tour "Chain" 〉で東京・大阪 ・ 愛知 ・ 福岡をまわった彼らだが、チケットはいずれも即完売となり大成功を収めた。

 確かな実力で着実にステップアップしており、今回のツアーは過去最大規模となるさいたまスーパーアリーナの2daysでファイナルを迎える。グローバルに活動するNCT 127だが、ライヴツアーは“世界初”とのこと。初披露楽曲も多数期待される。

 チケットの最速先行予約は2018年9月27日午後11時59分までにNCT OFFICIAL MAIL MAGAZINE(登録無料)に登録している者を対象におこなう予定。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)