まねきケチャの藤川千愛が25日、東京・日比谷野外大音楽堂で開催された単独公演『夏の野音deまねきケチャ』で、グループからの卒業を発表した。9月24日開催の日本武道館公演がまねきケチャでの最後の活動となる。

 藤川は、2015年のまねきケチャ結成時からのメンバーで、リードボーカルとしてグループを牽引してきたが、元々あった「歌の世界で勝負したい」という気持ちが強く、卒業を決意した。卒業後は、ソロでアーティスト活動をおこなう予定。

藤川千愛コメント

藤川千愛

 私、まねきケチャの藤川千愛は、9月24日の日本武道館公演をもって、まねきケチャを卒業させていただきます。

 今日まで支えてくれたファンの皆様、関係者の皆様、卒業を受け入れてくれたメンバーやスタッフの皆様、今まで本当にありがとうございました。

 私は3歳の頃から歌手を夢見てきました。

 高校を卒業して工場で働いていた時、アイドルをやってみる気はないかと誘っていただき、まねきケチャとしてデビューさせていただきました。

 正直、アイドルの世界にはまったくの無知で、それまでは興味も薄かったのですが、コレットプロモーションでは100%生歌でステージに立てることをきいて、チャレンジしてみたいという想いに駆られました。

 まねきケチャでは、リードボーカルという役割をいただき、デビューから3年間、無我夢中で頑張ってきました。

 ファンの皆様の応援と支えで、素晴らしいステージに立つことができ、ついには夢であった武道館公演を実現するまでになりました。

 本当に感謝しています。本当に嬉しいです。

 それでも、デビュー当時から、私の心の根底にあった「歌を届けたい」「歌を聴いて欲しい」「歌で勝負したい」気持ちがより大きくなり、悩んだ末にその道を前進していく決心を固め、今回卒業という選択をさせていただきました。

 時に私の歌を褒めてくれる方がいます。

 私にとって、それが今日までの頑張りの源でもありました。

 本当にありがとうございます。

 私自身の歌は、まだまだ欠点だらけで、足りないところだらけだと思っています。

 もっともっと努力し、人としても歌の世界でも成長して、沢山の人に藤川千愛の歌を聴いてもらえるようになりたい…今はこの一心です。

 まねきケチャとして、紅白のステージに立つという夢は叶いませんでしたが、ソロとしていつか、まねきケチャと一緒に紅白に出演できたら、こんなに素晴らしいことはありません。

 武道館までの1カ月、まねきケチャの藤川千愛として、私にできる最高の歌を届けたいと思います。

 本当にありがとうございました。

記事タグ