嵐の櫻井翔が23日、東京・羽田空港でおこなれた、東京2020大会に向けたJALの新たな施策「Fly for it!」発表会に出席。CM撮影のエピソードや、2020年に向けた自身の抱負などを語った。

 「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」は、JALが東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルエアラインパートナーとして、今年4月に掲げたスローガン。この日はその具体的な新しい活動内容が発表された。

櫻井翔

 このスローガンにあわせた、嵐のメンバー全員が出演するテレビCMが完成、9月15日にオンエアが開始される。メンバーはそれぞれ様々な場所で撮影をおこなっており、櫻井は都内のスタジオの屋上で実施。「屋上で撮影していたら、スタジオの向かいに学校があって、屋上から生徒たちが一斉に大きく手を振ってきたんですよ。だからこっちも大きく振り返したら『誰ですかー!?』って。誰に手を振ってるんだろうと思いました」と苦笑いしつつ振り返る。

 CMでは、嵐の新曲「SKY Again」が使用される予定。桜井は、その歌について「歌詞にも『Fly for it』や『Take Off』という言葉が出てくるし、離発着の音や空を感じられるような、広いスケールの曲です」と語った。

 一方、東京2020大会に掛けて「2020年までに新しく始めたいこと」を尋ねられると、「番組の『夜型人間の櫻井を朝型に変えよう』という企画で、“朝活”としていろいろなところに行っているんです。あと2年ほどあるので、番組の力を借りてゆっくり変えていこうかなと」とコメント。

櫻井翔

 更に、ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ)の収録が終わってそのまま山登りに出発するなど、過酷な挑戦が続いている様子を「簡単にいうと、徹夜なんですけど」と笑いを交えて伝える。

 また、これまで6大会のオリンピックの現場に訪れた櫻井だが、最も印象的だった場面を尋ねられると、オリンピック開催地としては初めて訪れた、北京オリンピックを挙げ「北島康介選手が金メダルを獲って、センターポールに日の丸が掲げられて。あの会場の雰囲気は、強烈に印象に残っています」と感慨深く語った。

JALのCA

 なお、東京2020大会に向け「JALネクストアスリートプロジェクト」などの取り組みをおこなっているJALは、社内の取り組みとして訪日外国人誘致の強化を目標とするとともに「スマートクーポンの実現」というテーマを掲げ、100億円の投資をおこない、内70億円で情報システムの開発、30億で空港内における乗客のカウンターから搭乗ゲートまでの導線の整備を実施するという。他にも制服デザインの一新や、キャビンアテンダントのスカーフデザイン公募などを計画しており、東京2020大会を盛り上げていく活動を展開する。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ