鹿児島・大隅半島出身のダンスボーカルグループの1 Believe FNCが8月12日、東京・マンホール浅草橋でワンマンライブ『ONE MAN SUPER LIVE』をおこなった。1 Believe FNCのガールズグループ・1-Girlsとメンズグループ・Stefaが8月1日に其々リリースしたシングル「Happy Days」と「想い出の365日」を引っさげての関東初ワンマンとなった。先着50人は無料で観覧出来るという企画もあり会場は満員。ライブはダンスと歌を交えたパフォーマンスと、サプライズで芸人の小石田純一が登場するなど盛りだくさんな内容で楽しませた。ライブの模様を以下にレポートする。【取材=村上順一】

絶対に損はさせません!

1-Girls

 会場には多くの観客が続々と入場してくる。1Believe FNCのパフォーマンスをこの目で確認しようと多くの観客が集まった。定刻を少々過ぎたところで会場は暗転、ビートの効いたダンスチューンが響き渡るとREIRAがステージに登場し、ダンスパフォーマンス。REIRAに続いてメンバーが続々とステージに入れ替わり立ち替わりでダンスを披露し1-Girlsによる「I only have eyes for you」へ。クールでアグレッシブなダンスと歌でオープニングを飾ると、立て続けにルーキー2人もダンスで参加し7人で「Start」「Look up at the sky~空を見上げて~」とバラエティー豊かな曲調で展開。

 MCでは訪れた多くの観客を見て、感謝の言葉を述べるメンバー。先ほどまでのアッパーな曲調から一転して届けられたのは「ただそれだけで」。しっとりと言葉を丁寧に歌い上げ、歌詞の心情を表現したかのような振り付けも印象的だった。「Anniversary」では、観客も手拍子で盛り上がり一体感を見せた。

 続いて、メンズグループのStefaによるダンスパートに突入。男性ならではの勢いのあるダンスで魅了し「LOVE IS OVER」を届けた。ボーカル・EISUのシルキーな歌声で楽曲を彩る。続いて、ハードさを感じさせるナンバー「君が好き」ではStefaのシリアスな一面を魅せ迫力のある歌とダンスで楽しませた。「絶対に損はさせません!」とこのワンマンライブへの意気込みを宣言し届けられたのは「この瞬間」。その想いを乗せたかのような熱の入ったパフォーマンスで魅了した。

 ここからソロコーナーへ。トップバッターは1-GirlsからIROHAが「ありがとう」を歌唱。サビでは観客も腕をワイパーのように左右に振り、歌をもり立てていた。「心からあなたにありがとう」と感謝を告げ、続いてREIRAがStefaの3人をバックダンサーに「君のヒーロー」を披露。ビートの効いた曲ということもあり、観客も今度は拳を天高く突き上げ盛り上げた。3人目はCHIKAが登場。「君のヒーロー」の熱をクールダウンさせるかのようにバラードナンバー「止まらないでLove」を届けた。ファルセットを織り交ぜ歌の表現力も豊かに聴かせ、ソロコーナーラストはEISUをメインにCHIKAとIROHAが途中から加わりトリプルボーカルで「遠くても」をエモーショナルに力強く響かせた。

Stefa

 そして、REIRAとStefaによるダンスパートに続いて、ここでサプライズゲストに芸人の小石田純一がステージに。“石田純一あるある”やトレンディなネタで笑いを誘った。会場がさらに温まったところでライブは後半戦に突入。1-Girlsのメンバーはアロハシャツに衣装をチェンジし、開放感あふれるラテンナンバー「Let's Party」でタオルを使用し元気いっぱいのパフォーマンス。続いてはStefaがその盛り上がりをブーストさせるかのように、ロックチューン「運命の人よ」をアグレッシブに見せたかと思うと、「願い」でしっとりと歌い上げ緩急をつけたセットリストで聴かせた。

 ここで総勢10人によるダンスパフォーマンス。ステージを目一杯に使った迫力のあるダンスから8月1日にリリースされた1- Girlsのシングル「Happy Days」を披露。彼女たちの新境地ともいえるナンバーはキュートな歌とダンスで多幸感に満ちた空間を演出。パフォーマンス後のMCではミュージックビデオでの撮影秘話も明かし、続いて披露されたのは「どんなときも」。一人ひとりが優しく包み込むような歌声で観客に投げかけるように歌い上げた。

 続いてStefaも8月1日にリリースされたシングル「想い出の365日」を歌唱。情感を込めた歌とダンスに観客も静かに耳を傾けていた。そして、「僕の夏と君の夏にありがとう」からラストは1-Girlsの「君だけ」。自身たちにも重なるようなノスタルジックな気持ちにもさせてくれるメロウなナンバーで関東では初となるワンマンライブは大団円を迎えた。

記事タグ