今年4月に強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄損傷から両下肢麻痺になった、仮面女子の猪狩ともかが、活動再開することが14日、わかった。26日に仮面女子カフェで開催されるライブに出演する。

 脊髄損傷から両下肢麻痺になった猪狩。一時は通常の社会生活すら難しくなり、芸能活動を断念せざるを得ない状況になったが、本人の「もう一度ステージに立ちたい」という強い思いやファンによる声援の後押しもあって、執念でリハビリに励み、今回活動を再開。26日開催のライブでステージに登場することになった。

 猪狩ともかは「突然の事故から4カ月が経ちました。たくさん、ご心配をおかけしました。毎日、皆さんの応援がとても大きな支えとなっています。入院してからずっと『早くみんなに元気な姿を見せたい!』という想いでリハビリを頑張ってきました。そのかいあって、8月26日に仮面女子のホームである『仮面女子カフェ』に挨拶に行けることになりました! とても嬉しくて今から楽しみでたまりません! 復帰の第一歩です!」とコメントしている。

 また、猪狩は同日、ツイッターで「やっとお知らせすることができて、会える日がくること、本当に嬉しいです。皆さんよろしくお願いします」と喜びの想いを綴った。

記事タグ