全国高校野球選手権大会が今夏第100回を迎えるにあたり、試合中継をおこなうNHKが初めてテーマソングを制作。そのテーマソングを福山雅治が手がけ、すでに8月5日より開幕した大会のNHK中継等でオンエアされている。楽曲タイトルは「甲子園」。その楽曲が8月27日にデジタル配信リリースされることが決まった。

 大会中継を見た視聴者からNHKに「発売はいつなのか」との問い合わせが多数入った事により、今回の発表となった。

 『故郷への想い』『壁にぶつかった人へのエール』『家族愛』など、日本人が普遍的に大切にしてきたことを数多く伝えてきたことが、高校野球を通して伝えたいと考えてきたことと一致することばかりだという理由でNHKが福山に楽曲制作をオファー。それに対し福山は先日以下のようにコメントしていた。

 「子供の頃からテレビ観戦していた伝統ある甲子園に、野球のイメージとはおよそかけ離れている僕が音楽で参加させていただけるとは夢にも思っていませんでした。小学校の頃はソフトボールでピッチャーを、中学校の3年間はブラスバンド部で過ごした経験がある僕からすると、甲子園という場所は、グラウンドもアルプススタンドも、憧れの全てが詰まっている場所です。ひたむきに戦う選手たち、声を枯らしながら声援を送る応援団の汗と涙。故郷長崎での少年時代、テレビで観戦しながら何度も心揺さぶられてきました」

 「上京後は野球とはかけ離れた生活を送っていますが、甲子園の季節になると故郷長崎の出場校の勝敗は毎大会チェックしています。故郷、仲間、ひたむきさ。そして、すべての試合にある笑顔と涙。甲子園には、甲子園でしか表現することが出来ない感動があるように思います。いつまでも忘れられない、大人になってもずっと心の中で抱き続けている『青春の輝き』が。そんな『青春の輝き』を感じさせてくれる甲子園を、僕なりの音楽で表現できるよう頑張ります」

 デジタル配信日の発表に合わせて公開されたジャケット写真は、福山が小学校時代にソフトボールをやっていた当時の写真を使ってデザインされたものだ。

 今回、このジャケット写真について、福山から新たにコメントが届いた。

 「この写真はポラロイド写真で、一枚しかなく日付けもありません。推測では小学校4年生の頃かと。当時、僕の故郷長崎ではソフトボールが盛んでした。少年達の多くは当たり前のように野球選手になることに憧れてました。僕も周りの友達同様にプロ野球カードを集めていて、町内のソフトボールチームに入ってピッチャーをやっていました。その小学生の頃の憧れとは違いますが、今回こうやって音楽で野球に関われることをとても光栄に思っています。甲子園という場所は多くの人の憧れの場所ですが、『憧れは形を変えて叶うこともある』という僕の実体験から、この写真をジャケットに選びました」

 また、この曲は、NHK甲子園のホームページでフルサイズで公開されているミュージックビデオも話題となっている。

 小学生時代にソフトボールでピッチャーを、中学時代では吹奏楽部で部長を務めていたという福山は、学生時代「甲子園のアルプススタンドで応援するブラスバンド部を“これこそがブラスバンドの檜舞台だ!”と憧れの眼差しで見ていた」と語り、甲子園という場所はグランドもアルプススタンドも憧れの全てが詰まっていると、ひたむきに戦う球児に向けてだけではなく、それを応援する全ての人達に向け楽曲は作られた。

 だからこそ、このミュージックビデオでは「ブラスバンド部の学生達と共に撮影したい」と福山からの提案により企画され、京都橘高等学校、関西学院高等部、甲子園学院高等学校、武庫川女子大学附属高等学校、仁川学院高等学校の5校の総勢300人を超える学生達と共に阪神甲子園球場で撮影されたものだ。撮影時のメイキング映像も交えた、撮影現場の盛り上がりも垣間見える作品となっている。

 既に甲子園球場でも、大阪桐蔭高校吹奏楽部が、早くも「甲子園」を演奏、惜しくも敗退してしまったが福山の地元長崎、創成館高校吹奏楽部が福山の今年のヒット曲「零-ZERO-」を演奏するなど、アルプススタンドの応援でも熱戦が繰り広げられている。

記事タグ