TOKIOの城島茂と長瀬智也が先日、都内でおこなわれた、オンラインゲーム『フォートナイト(FORTNITE)』新CMプレス発表会に出席。同ゲームのキャラクターに扮したコスプレで登場した2人はCM撮影を振り返り、実際にゲームプレイもおこなった。取材を通して、筆者は真剣にゲームに臨む長瀬の純粋な子ども心を垣間見た。また、全身着ぐるみを着た城島が終始笑顔で取材に応じる姿に、アイドルを超えた仕事に対する情熱を感じた。

 フォートナイトは、米国に本社を持つEpic Gamesが2017年の7月に配信を始めたオンライン・バトルロイヤルゲーム。ランダムに集まったプレイヤー100人が一つの広大な島で最後の一人の生き残りを目指す。今年3月には日本語版も配信開始し、6月には世界でのプレイヤー合計が1憶2500万人を突破している。TOKIOは10日から全国で放送される、フォートナイトの新CMに出演。CMではゲーム内に登場するキャラクターに扮した4人がゲームをプレイする様子が映されている。

 この日は、雨とはいえ蒸し暑さを感じる中、キャラクターのコスプレで登場した恐竜の着ぐるみ姿の城島と2丁の拳銃を武器にする全身プロテクターを付けた傭兵姿の長瀬。それでも、長瀬は「あんまりこの季節には向いてないかな(笑)。パンチは空いてるんで通気性はいいんですよ」と城島とともに笑顔を絶やさぬ姿は印象的だった。

 発表会ではCM撮影のメイキング映像も公開された。城島がCMについて「メンバー4人揃うと、子どもに戻った感じでギャーギャー言いながら楽しみました。その感じがCMでも伝わっているんじゃないかなと思います」と語ったように、楽し気にフォートナイトの“エモートダンス”(ダンスパフォーマンス)をおこなう姿が見られた。

 長瀬は「みんな弾けてましたね。ジャニーズでもなかなか見ることのない様なダンスで、頭のリミッターを外してして踊りました。40代の男たちがコスプレしてゲームしているのはレアなシチュエ―ションでした」と撮影を振り返り、城島は「右肩が上がらなくて、けっこう大変でした」と実際に踊る姿を見せ、会場を笑わせることを忘れない。

 また、発表会では実際に2人がゲームをプレイ。普段からゲームに慣れ親しんでいると言う、長瀬はその言葉通り、順調に武器をグレードアップしていた。その真剣な表情にも純粋な子ども心を垣間見た気がした。

 最後のフォトセッションで、城島はキャラクターの武器である巨大アックスを手に撮影に臨み、長瀬とともにカメラマンのポーズや目線要求にも快く応じていた。そしてアックスを担ぎ会場を去る城島の後ろ姿にアイドルを超えた仕事に対する情熱を感じた。【松尾模糊】

記事タグ