たっぷりと青春の風景を詰め込んだMV

――「花火と漫画とチョコと雨」の女の子は、むりやり賞味期限を明日にしたチョコと漫画を持って男の子に逢いにいきます。皆さんなら、何を持って逢いに行きますか?

澪風 わたし、ストレートに「逢いたい」って言う気がします。

播磨怜奈 それが出来たら、こういう子は生まれないんだよ。

公野舞華 わたし、前に借りてたカーディガンを洗濯して、そこへ自分の香りをつけた上で、お菓子と、ちょっとした手紙を添えて渡したい。

塚本颯来 「明日から家族旅行でしばらく逢えないから、今日届けに行ってもいい?」ってね。

全員 キャーッ!!

森青葉  でもさ、相手がその匂いが嫌だったらどうすんの?

播磨怜奈 そういうときは石鹸の匂いが一番いいんだって。

森青葉 それ、わたしが少女漫画から仕入れたネタじゃん。

播磨怜奈 確かにね。

公野舞華 そこの二人、普段の会話だよ、それ(笑)。

はちみつロケット

――やはり恋を始めるには、何かしらの理由が必要なんでしょうね。

森青葉 いきなり「好きです」と言われても、びっくりしちゃいますもんね。わたし、そんなこと言われたら、「あなたは誰ですか?」と言っちゃう。

播磨怜奈 その答えは、変。見ず知らずの人が、いきなり「好きです」って告白することってないから。その人のことを知ってるからこそ、いきなり告白するわけだから。

森青葉 じゃあ、「まずはお友達からお願いします」と言います。恋って、相手の優しさや仕種など、いろんなことを知った上で「好き」になるわけじゃないですか。それに、もし他に気になる人がいたら、そうじゃない人から急に「好きです」と言われても、「わたし、この人に夢中だから、あなたは眼中にないです」ってなるじゃないですか。

播磨怜奈 そういうときは、「その気持ちは嬉しいわ、ありがとう。でも、ごめんね」って言うんだよ。やったことないけど(笑)。

塚本颯来 二人とも、漫画で得た知識をインタビューでひけらかなさい(笑)。

――ミュージックビデオでは7人が青春している姿を観れますね。

雨宮かのん たっぷりと青春の風景を詰め込みました。

塚本颯来 夏におこなう行事を、MV撮影で全部やっちゃったからね。ひと足お先に夏を満喫しました。

澪風 しかも、普段は出来ないことをいろいろとね。

播磨怜奈 わたし、プールに制服で飛び込むのが夢だったから、それを叶えられて嬉しかった。

塚本颯来 じゃあ、次は沼へ制服で飛び込むしかないね。

公野舞華 畑にとかね。

播磨怜奈 飛び込んだわたしを、彼が助けてくれるんです。で、そのまま彼の胸にも飛び込んじゃう!

華山志歩 そんな泥だらけの人、いくら好きでも絶対に受け止めたくない。

澪風 でも、あのプールに飛び込んだシーンは、すごく楽しかった。

華山志歩 MVに映ってる姿って、日常に有りそうな青春の風景なんです。でも、実際には非現実的な世界なんですよね。

播磨怜奈 屋上もプールも、普通は鍵かかってて入れないから。

森青葉 そもそも、無断で学校へ忍び込むのも禁止だから。

雨宮かのん 浴衣姿で教室にいることも、普通はあり得ないからね。

播磨怜奈 だからこそ、思いきり理想の青春しちゃったMVになりました。

塚本颯来 ぜひみなさんも、はちみつロケットの「花火と漫画とチョコと雨」と一緒に青春を満喫してください。

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。