レコードの生産数が伸び、レコードブームが再燃しているとも言われています。

 その音楽メディアは、レコードからテープ、CDやMD、そして音楽配信へと変わってきています。最近では音楽配信で入手する人も多く、CDはコレクション化しているとの声も聞かれます。そこで、MusicVoiceでは「音楽をどのようにして入手、聴いていますか?」とアンケートを取りました。その結果は次の通りです。

 意外にも? 「CDやレコードなど」の回答が全体の76%を占めました。ブックレットやジャケットも含めて「作品」という声もありますので、そうした観点で楽しむ方が多いということなのでしょう。もっとも、回答数が少なく、あくまでも参考値ではありますが、一つの結果として受け止めても良いかもしれません。

 ちなみに、日本レコード協会によれば、オーディオレコードの生産実績は、2017年が1億5437万1000枚・巻で、前年比4%減だそうです。この10年を見ても減少傾向にあるようです。音楽配信はというと、2017年は同協会調べでダウンロード総計1億1087万3000回でした。

 ※回答にご協力下さった皆様、有難うございました。

記事タグ