みんなに会いに行けるグループ、風光ル梟 未来へ向かうビジョン
INTERVIEW

みんなに会いに行けるグループ、風光ル梟 未来へ向かうビジョン


記者:長澤智典

撮影:

掲載:18年08月05日

読了時間:約15分

表の顔と裏の顔

中西優香(撮影=冨田味我)

――3曲目には「僕等ロード。」を収録。この歌、「ショートケーキイズム」と同じ想いを歌にしていますけど、表現はまったく異なりますよね。

Misaki 「それでも僕たちは戦っていく」というテーマを、表の顔として書いたのが「僕等ロード。」で、裏の顔として記したのが『ショートケーキイズム』になります。別の言い方をするなら、きつい表現で歌った「ショートケーキイズム」を、綺麗な言葉にして歌ったら「僕等ロード。」になります。

 歌詞に、<僕たちはまだ知らない あとどれくらいなんだろう? 憧れは憧れのまま そんなの、絶対にイヤだ やってやる>と書きました。夢って、どのくらい追いかければ叶うのかなんてわからないこと。どんだけ追いかけても叶うのかさえわからない世界。でも、憧れのままでは嫌だからこそ、みんな叶えようと走り続けてるんだと思うんです。そういう気持ちを「僕等ロード。」には書きました。

――「僕等ロード。」を表題曲にしても似合うところを、あえて「ショートケーキイズム」をメインに据えたところが、風光ル梟の面白さですよね。

Misaki これって、風光ル梟だからこそ出来たことだなとわたしは受け止めています。

――メンバーみなさんの「僕等ロード。」に対する印象も聞かせてください。

岩谷華奈 「ショートケーキイズム」とは違った真っ直ぐさのある楽曲だなという印象です。「ショートケーキイズム」では泣き叫んでいるように、けっこう黒い感じが出ているイメージなんですけど。「僕等ロード。」は、みんなで一緒に頑張っていこうというイメージを受けています。「僕等ロード。」のような表情も、やっぱし風光ル梟には似合いますよね。

山崎カノン ポップな曲だし、歌詞もすごく共感出来る歌だと思います。とくにサビの歌詞はストレートだから、胸にまっすぐ届くと思います。

日浦菜緒 わたし、こういうポップな曲調が好きだから、今の自分にすごく合ってるなと思えたし、とても共感しながら「僕等ロード。」を歌えてました。

栗栖瑠海 「僕等ロード。」は、今のわたし達にピッタリな曲。メンバーみんな心優しいけど負けず嫌いなよう、その性格が歌詞にも込められているように、とても歌いやすいです。

中西優香 「ショートケーキイズム」が裏側の顔なら、表の顔になる「僕等ロード。」では想いを真っ直ぐに伝えていて、その歌詞が、今の自分の心境にピッタリだから、わたし自身にとても当てはめやすい歌になりました。

――最後に、これからへ向けてのメッセージをお願いします。

Misaki 今年の夏は、「ショートケーキイズム」に収録した3曲を持って、一人でも多くの人たちの手元へ届けられるように、リリースイベントやライブを精力的に頑張っていきますし、この流れを大きくしながら、年末頃にはワンマン公演が出来るまでに持っていきたいなと思っています。中でも「ショートケーキイズム」は、ライブだからこそ体感出来る激しい振り付けを、ぜひ生で観て欲しいなと思っています。何より風光ル梟は、みなさんに会いに行けるグループとして活動をしていくので、ぜひ、みなさん出会いましょう。そして、応援よろしくお願いします。
(おわり)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事