2日開催の『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート』のステージで、髪をバッサリ切る演出して驚かせたSKE48古畑奈和(21)がその後の髪型をツイッターに投稿した。

 AKB48世界選抜総選挙で選抜入りとなる15位に入った古畑。この日のコンサートでは、楽曲「誰かの耳」を歌唱。クラスメイトにいじめを受けるという寸劇をライブパフォーマンスに組み込んだ迫真の内容で、最後には自身の髪をバッサリ切る演出をそこない、会場をどよめかせた。

 その終演後に、ツイッターを更新した古畑は「今日を幸せに迎えられたのは私の大好きで大切で愛してやまない ファンの皆さまのおかげです」と感謝し、「古畑奈和としてこの世に生まれ 本当に本当に幸せに感じました」などとコメント。

髪を切り落とす古畑奈和

 更に、SKE48支配人の湯浅洋氏がツイッターで、その髪切り演出の動画をアップして「#古畑奈和 が。。。 本に曰く、髪の毛痛んでいたのと、 カット代がうきました〜って」と驚いたとのコメントを添えると、古畑は「顔に似合わず やばい奴なんですわ」とリプした。

 また、3日に更新したツイッターでは、その後のセミロング姿を公開。「あぢ。」とのコメントを添えたそれは、肩回りや腕の白さが際立つセクシーなカット。やや上目遣いで、口を開けた妖艶なポーズでキメている。鬼気迫るような迫真の演技を見せた2日のステージとは正反対の表情だ。

 このショットにファンから反響が挙がり、「めたくそ可愛いです」「めっちゃ綺麗です~」「セクシーショットありがとう」「はなぢ出そう」などと感激するコメントが寄せられている。

 また、今回の演出にファンからは「良い意味でやばくて 大好き」「表現力が素晴らしい」「かっこうよかった」「すごい迫力」と絶賛の声が多数寄せられている。

 2日のステージ後に古畑は「ちょうど髪が痛んでいたんで、美容院代をここでうかしたいなと思って。これは大人の方に4回ほど止められたんです」と、制止を振り切ってのパフォーマンスだったことを明かしていた。

記事タグ