AKB48グループが2日、横浜アリーナで、『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート』2日目公演をおこなった。今年6月に開催されたAKB48世界選抜総選挙で16位から2位に入った15人が出演。初の女王に輝いた松井珠理奈不在のなか、それぞれが自ら企画、演出したパフォーマンスでファンに感謝の思いを届けた。

宮脇咲良

 この日は、16位から順にソロ曲が披露された。総選挙3位だった宮脇咲良はステージに立つと「私にとって最後の総選挙、本当に有難うございました」と感謝の言葉。「私は今まであなたの背中をずっと見てきました。まだまだ未熟ですが、ずっとあなたに付いていきます」として、「M.T.に捧ぐ」ならぬ「R.S.に捧ぐ」を歌い上げた。

 ピアノ伴奏のなかで、優しく歌い上げていく宮脇咲良。その歌声は消え入りそうな繊細なものだったが、その芯には温かい愛情が感じられた。途中からはHKT48矢吹奈子、田中美久らも加わり、合唱。宮脇は涙を流し、大切に歌った。

 歌い終えた宮脇。渾身の楽曲だったが、曲名を告げた際にざわめきと失笑が起きたことから「なんで笑うの。めっちゃ良いことを言ったのに“ざわ”って」と笑みをこぼしてツッコミ。

熱唱する宮脇咲良

 その「R.S.」については誰なのかは明言を避け、更に、歌唱中はバックのスクリーンにはそれと思われる人物の映像が流れたが、顔の部分はカット。これについて「あくまでも誰か? ということにしたいので顔を映しちゃうと…分かるけど誰かが分からない。映像で使われているのはメイキングなんですけど、顔を映っていたものはないじゃないですか、スタッフがさんが苦労されたみたいです」と内情を明かした。

 また、この日の終盤は、メンバーが、それぞれの推しメンがいる客席まで下りてパフォーマンス。宮脇は投げキッスや笑顔を覗かせて挨拶する中、スタッフが持っていた画用紙とペンを持ってステージに上がると「ありがとう」「ずっと応援してね」という言葉を書いてそれを掲げ、感謝の思いを伝えた。

 最後の総選挙となれば、この『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート』も今年で最後となるが、宮脇は晴れやかな表情をみせるとともに、くまなくファンへの感謝の思いを伝えていたの印象的だった。【取材・撮影=木村陽仁】

熱唱する宮脇咲良

宮脇咲良

宮脇咲良

ハートマークをつくる宮脇咲良

カメラ目線のサービスも

カメラ目線のサービスも

宮脇咲良「AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート」(写真1)

カメラ目線のサービスも

記事タグ