原寸大「輝星・空式」をバックに。左から朝日奈丸佳、高槻かなこ、前島亜美

 元SUPER☆GiRLSの前島亜美が1日、声優の高槻かなこ、朝日奈丸佳とともに、都内でおこなわれた『PS4向けロボットアクションゲーム「BORDER BREAK」完成披露会』に登場。この日はゲームに登場するロボットの巨大な1/1モデルが公開され、驚きと感動の声を上げた。

会見に出席した朝日奈丸佳、高槻かなこ、前島亜美ら

 「BORDER BREAK」は、10対10に分かれて通信にて対戦するハイスピードロボットアクションバトルゲーム。特徴はプレーヤーが操作するロボットのカスタマイズで、自身が登場するロボットに対して自分好みのカスタマイズが楽しめるというもの。今回PS4対応化に伴い、初体験ユーザーをターゲットとして基本ダウンロードが無料とされている。またリリースに先駆けて、ゲームではハウツー動画が動画サイトにて公開、この動画に高槻、朝日奈、前島が登場している。

 また、このゲームリリースに先駆け「『BORDER BREAK』 1/1プラモデル プロジェクト」と銘打たれた計画が進行。これは「BORDER BREAK」に登場するブラスト・ランナー『輝星・空式』の実物大プラモデルの完成を目指すというもの。全長約5メートルという巨大なロボットを、プラモデル製造販売大手メーカーである株式会社壽屋(コトブキヤ)がプラモデル化を実施。この日のイベントに先立ってランナーに付いた部品の状態で、7月2日から8日まで東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードで展示されており、この日はその部品を組み立て、完成された実物大のモデルが会場にて公開された。

原寸大「輝星・空式」

 序幕と共に「しびれる!」「鳥肌が立ちました!」と驚きとともに感動の言葉が止まらない3人。7月初旬の部品状態での展示も見ていたという前島は「人だかりができていて、珍しい展示だったので、本当にいろんな方が見られていたのが印象的でした」と当日を振り返りながら「何か別のものなのかな? という風になっていたんですが、他のパーツと合わさって、こうやって1/1となって今日見られたことを感動しました。これに乗ってプレーするんだ、と感覚的に思うとすごく楽しみですね」と感動冷めやらぬ様子のまま、自身のゲームへの期待を明かす。

 朝日奈も「より自分がゲームの世界の中に入り込んだという感覚がありました。今まではゲームが楽しみだと思ったけど、その世界に入り込むことが楽しみに感じることができたので、男のロマンというか、“みんなのロマン”を叶えてくれたセガさんには本当に感謝ですね」と一層ゲームへの関心を深めた様子。また以前ゲームリリースの発表イベントにも登場していた高槻も、ゲームの魅力を改めて実感しながら「この実物大を見て、その数倍リアリティを感じながら、プレーできるなと思いました。早くプレーしたいです!」とワクワクした様子を語った。

朝日奈丸佳、高槻かなこ、前島亜美

 なお、完成した1/1プラモデルは、ディテールの部分にもかなりこだわられており、組み上げに必要なボルト類の中には、3Dプリンタで作られたオリジナル部品が一部には使われるなど、ほとんどがオリジナル部品で構成されている。組み立て後には塗装がされ、さらにミリタリーモデルなどでおこなわれるダメージ、ウェザリングなどの汚し塗装も施され、リアルに仕上げられている。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)