休止前最後のファンクラブイベントをおこなったと報告する宮澤佐江(Instagramより@sae_3830)

 7月末をもって芸能活動を一時休止する元AKB48の宮澤佐江(27)が、7月31日をもってツイッターを終了する。ツイッターのプロフィール欄で宮澤は「8月1日からSNSはインスタだけになります」と伝えている。

 7月29日に、休止前最後のファンクラブイベントをおこなった宮澤。その日の夜にツイッターを更新。「いっぱい笑いました。楽しさしかなかった〜」とし、ファンへ感謝の思いを綴った。

 その後、改めて投稿した宮澤。「2013年に始めたTwitter」と書き出し「色々な方のツイートやリプに傷付きまくってたけどめげずにエゴサし続けました。笑 心温まるツイートや嬉しいツイートを見た時すごくテンションが上がってる自分がいたよ」と、自虐を交えて思いを綴った。

 そのうえで「フォロワーの皆様、そして一度でも私のツイートを見てくれた方。 本当にありがとうございました!」とツイッター利用者に対し、感謝を伝えた。

 この投稿に、元AKB48の篠田麻里子は「ツイッターも辞めちゃうの!?」とリプ。これに「そうなのー」と返した宮澤に、篠田は「そうなのか、、でも いつでも再開待ってるよ」と返信。寂しさを滲ませながらも2人は後日、食事に行くことを約束した。

 この投稿対するファンからのメッセージは800件を超え、「いいね」の数は1万3千件を超えた。ファンのメッセージには感謝の言葉が溢れ「またいつか応援できる日を楽しみにしています」と再会を楽しみにする投稿が多く寄せられている。

 宮澤は、今年5月に芸能活動一時休止を報告。この時「一度を足を止めて自分自身を見つめ直したい」と明かしていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)