AKB48横山由依(27)が27日、都内でおこなわれた、百貨店協会『プレミアム サマー バザール』メディア向けオープニングイベントに登場。買い物好きだという横山は、普段の買い物の様子やプレミアムフライデーにまつわるトークを披露した。

 日本百貨店協会に加盟する各百貨店では、今月のプレミアムフライデー(7月27日)である当日に合わせて『プレミアム サマー バザール』を展開、各百貨店ではクリアランスセールを中心として、独自の催事を開催するなど工夫を凝らした取り組みをおこなっていく。このイベントは、そのオープニングをアピールするために開かれたもの。

横山由依

 イベントにちなみ“買い物”を意識した装いでこの日登場した横山は「なかなか時間が作れないけど、バザールやセールが好きで、メンバーともお買い物とか行きますね」とコメント、普段は卒業生の川栄李奈とよく買い物を共にすることがあるという。また48グループの中で買い物の達人は? とたずねられると「すごく忙しい生活をしているのに、いつ買い物をしているんだろう? というくらい、かわいい服やお洒落な服をしているのだろうと思うので、その意味では達人」と、NMB48の山本彩の名を挙げる。

 また近日の中で一番大きな買い物として、先日開催された総選挙で6位にランキングしたことに対する自身のご褒美として、高級バッグを購入したことを告白。「黒くて小さめで、最近私は水色が好きなんですけど、水色のマークが入ったもので。10万円を超えるもので、すごく勇気がいったのですが…」と思い切ったご褒美購入を振り返る。

左から日本百貨店協会長・赤松憲氏、横山由依、経産省・世耕弘成大臣

 またこの日はゲストとして、経済産業省の世耕弘成大臣も登場、“自身へのご褒美”と話を振られると「まあ時々は。4Kテレビなんかを“この法案が通ったら買うぞ”みたいにね」などとコメント、会場を沸かせる。横山もそんな話を聞きながら、総選挙で一位になったら? などと問われると「そうですね…大臣は4Kテレビ? いい感じですか? じゃあ私もテレビで。結構前のを使っているので、大き目のものを購入してみたいなと思います」などと語る。

 さらにこの日が7月のプレミアムフライデーに当たることに対して、改めてAKB48の選抜総選挙が金曜日におこなわれることもあると振り返りながら「金曜日にイベントを行うことが多いし、土日は握手会という流れが多いので」と最初にことわりを入れながら「プレミアムフライデーでお仕事が早くに終われる方もいらっしゃることもあるかと思うし、全国の皆さんにひとつの会場に集まっていただいて選抜総選挙をおこない、その翌日には握手会でまたお会いできるみたいな、3日間連続で楽しんでいただけるような、そんな総選挙ができたらいいなと妄想しています。秋元先生にも相談してみようかなと」などと自身の構想をコメント。

 世耕大臣にも「大臣! プレミアムフライデーにはいかがでしょうか?」などとアピールしていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ