AKB48 チーム8が出演する単独舞台『KISS KISS KISS』(東京・天王洲 銀河劇場)が19日に初日を迎え、メンバーは事前にマスコミに向けたゲネプロ及び囲み会見を実施。今作の脚本、演出担当の横内謙介さんとともにこの日を迎えた思いや、これからの意気込み、舞台の見所などを語った。

ゲネプロの様子

 同舞台は、日替わりゲストを含む出演者12人が全員メインキャスト&サブキャストを交互に務め、短編集を演じていく作品。演じる物語は、古典的名作、ファンタジー、コント、ラブストーリー、ハード青春ドラマ等バラエティに富んでおり、メンバーの様々な表情を描き出していく。またストーリーの合間には、チーム8のレパートリーを中心に、AKB48グループの楽曲がこの舞台限定のメンバー構成で披露される。

 メンバーそれぞれがこの日を迎えたことへの思いを語るなかで、今作の演出に関して横内さんは「オーダーメイドの服を作るつもりで。でもピッタリというのも、普段のままでは面白くないので、彼女たちも初めてのことをやってもらおうと」と、当初から考えていた演出プランをコメント。

 また、「せっかく初めてやるというメンバーもいるので、まずは芝居を好きになってもらうことを第一にしてもらおうと思って、ちょっとでもいろんな役をやって、なるべく多くの体験をしてもらおうと思って作らせてもらった、それにすごく応えてくれたと思う」とゲネの出来に満足な様子。

ゲネプロの様子

 チームを代表して太田奈緒も「チーム8での舞台は2回目だったけど、こんな風にみんなが主役になれるというのはなかなかないし、こんな役も演じられるんだと、それぞれのメンバーが印象づけられる、そんな機会をいただけたのがすごくありがたかったと思います」と感慨深く語る。

 また横内さんは、本読みからこの日までの、各メンバーの伸びしろについても振り返りつつ、ダンスが得意な横山結衣に、多くのダンスパートを与えたり、人見古都音には男役などと、全般それぞれのメンバーをほぼ当書きとして脚本を執筆。特定の人物は挙げなかったが、「何人かは演劇にはまる人間も既に感じる」と演技の素質を認めているメンバーがいることも認めており「この中からスターが生まれると信じています。私は最初の(6人の)SMAPの時から、アイドル演劇に関わってきていますが、あの時は誰も香取(慎吾)さんが後の舞台で主役をやるとか、草なぎ(剛)さんが演技で勝負するとか思わなかった。(だから本作も)振り返って、後に歴史的公演だったと言われるよう、6回をやり遂げて欲しいし、お客さんには見届けて欲しいです」と自身の思いを語る。

 4月に新メンバーとしてお披露目されたばかり、そのお披露目に続く公の舞台が本作となる立仙愛理は「こんな良い機会はないので、無駄にしないように」と今作に向けた意気込みを語る。しかし今回大きなチャレンジとして用意されたのが、カッパの着ぐるみを着る役。アイドルのかわいさからかけ離れた役に、衣装合わせではイヤで泣いていたことを明かすが、同時に「大西さんが手を握ってくれて、『焼き肉をおごったる』と言ってくれて、頑張ろうと思いました」というエピソードを告白、笑いを誘う。

ゲネプロの様子

 他方『KISS KISS KISS』というタイトルからも、劇中にはこのキーワードに応じたエピソードが描かれると共に、セリフにもキス、ベロチューといった少々過激でアイドルらしくないキーワードも頻発。濵咲は「誰も言うとは思わないだろうけど、私が言うからいいみたいな、私が言ったから“(確かに)やった”と思わせられるよう演技を頑張っていきたい」などとコメント、さらに笑いを誘う。

 一方でこの表現などに関して横内さんは「生々しくあっていいと思ったところはある。秋元(康)さん(総合プロデューサー)の詞を何度か読ませていただいたときに、かなりリアルに恋愛模様や想い、起こっていることとか、十代が裏に秘めている愛の衝動とかもちゃんと描いている世界観がある。これは宝塚とは違う、振り切れと秋元さんも言っている部分があるんじゃないだろうかと。でもそれが下品になっちゃうかどうかは、彼女らの才能の問題かと思うし、それが(見ている方にとって)全て生々しく感じられなければ、彼女らが上手にセンスよくまとめてくれているところがあるんじゃないでしょうか」と自身の考えを語る。

 また、劇中では秋元総合Pらしき人物に、メンバーが直訴に向かおうとするシーンがあり、これにちなみ「もし秋元総合Pに実際にお願いするとしたら?」とたずねると、濵咲は手を上げ「めちゃめちゃ高級なご飯を食べたい! 先生でしか買えないような。バリバリ高いご飯が食べたい」などと、あっけらかんとコメント。メンバーが沸く中で、チーム8の願望として大西が「チーム8で歌番組に出たいです。CDデビューとまでは申し訳ないけど…でも歌番組には出たいです」と語る。これには全員一致で同意し、皆で「おねがいしまーす!」とお願いの言葉を上げていた。

 なお、レギュラー出演のAKB48メンバー、及びゲスト出演者は以下のとおり。

<AKB48 Team 8> 横山結衣(青森県)/佐藤七海(岩手県)/佐藤 栞(新潟県)/太田奈緒(京都府)/山田菜々美(兵庫県)/大西桃香(奈良県)/濵咲友菜(滋賀県)/人見古都音(岡山県)/行天優莉奈(香川県)/立仙愛理(高知県)/谷口もか(宮崎県)

<ゲスト出演>
7月19日(木)18:30 倉野尾成美(熊本県)
7月20日(金)13:00 小栗有以(東京都)
7月21日(土)12:00 小田えりな(神奈川県)
7月21日(土)17:30 永野芹佳(大阪府)
7月22日(日)12:00 谷川 聖(秋田県)
7月22日(日)17:30 岡部 麟(茨城県)

【取材・撮影=桂 伸也】

関連記事は下にスクロールすると見られます。