今年結成45年を迎えたTHE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦のソロプロジェクト・Takamiyにとって3年ぶりとなるニュー・シングル「薔薇と月と太陽~TheLegend of Versailles」が7月25日にリリースされる。

 今回の作品はTakamiy’sメタル=メロディック・メタルが更なる進化を果たし、覚えやすい旋律に加え激しいリズムにバロック調のクラシカルなストリングスへと変貌。

 バロック(中世ヨーロッパの様式美)が裏テーマとしてあり、メタルとクラシックが思いもかけない化学反応を起こしている要注目な楽曲だ。

 また、「薔薇と月と太陽~TheLegend of Versailles」のミュージックビデオ撮影を都内で実施。中世の様式美余すことなく再現したミュージックビデオが完成した。

 楽曲タイトル「薔薇と月と太陽」から薔薇=赤、月=青、太陽=白、サブタイトル「The Legend of Versailles」からフランス=トリコロール、ということでその3色をメインコンセプトにしたシーンで中世貴族の悲哀恋愛を描いている。

 TakamiyのMusic Videoとしては珍しく、ストーリー性のある作品になっており、歌うシーンはもちろんのこと、演技をしているTakamiyにも注目される。

 また、今作「薔薇と月と太陽~The Legend of Versailles」のCDジャケットも豪華な仕上がりになった。

 あの「ベルサイユのばら」の作者・池田理代子さんによる描き下ろし作画が初回限定盤Aのジャケット写真となっている。池田理代子さんが描くTakamiy、オスカルを連想させるジャケットは、「ベルサイユのばら」ファンもTakamiyファンにもたまらないはずだ。

【薔薇と月と太陽~TheLegend of Versaillesプロモーション映像URL】

記事タグ