幅広いファン層が物語るRAMMELLSのダイナミックレンジ

――その点が良い方に作用していると思います。渋谷WWWのワンマンライブでまず感じたのが、客層がとにかく幅広かったんです。RAMMELLSメンバーの年齢層の方々から30代、40代、もっと上の方も居れば子供連れのお客さんも居て、どの層に偏っているという風ではありませんでした。それは、コンセプトを決めて層をピンポイントに絞っていないということが作用していると思いました。

彦坂 玄

真田徹 後からデータで見たんですけど、あれは面白かったですね。「意外と50代の方もいるな」とか。

黒田秋子 確かに見た感じもそうでした。

村山努 基本的なファン層は35歳よりも上の年齢の人が多いかなというイメージです。

――コンセプトにこだわらないという点が大きいのでは? お客さんの層が幅広いのは、どの世代にも届いているという証だと思います。

村山努 もっと広げたいという意識はあります。30代、40代の方々は良い音楽というか、そういうのを聴いていると思うんです。趣向を凝らしたものというか。そういう感覚をもっと若い世代の方も持ってもらえたらいいなと思っています。

黒田秋子 とにかくライブに来て欲しいです。音源も聴いて欲しいですけどライブに来て欲しいです。

――RAMMELLSにとって「ライブ」とは?

彦坂玄 「ロックバンドだな」と思わせるようなライブをしていきたいと思っています。

村山努 唯一お客さんとコミュニケーションをとれるというか、顔を合わせて直接反応が貰える場所がライブなので、そういう所でもっとコミュニケーションをはかりたいです。

――ライブをしているとき黒田さんは凄く楽しそうですよね。

黒田秋子 楽しいですよ(笑)。色々あるけど、ライブ毎に反省とかはあるんですけど、やっているときは無駄なことを考えなくなりました。最近特に。だからか「楽しんでるね」って超言われるんですよ。自分でも楽しんでいるんだと思います。

――彦坂さんはスネアドラムを2個使用して、曲のビートに合わせて使い分けていましたね。

彦坂玄 このバンドに関わりだしてからああいったスタイルになりました。ハーフになるときは音が残る方を叩いたりして。

――あれはすごく効果的でした。真田さんはどういった精神状態でライブをしますか?

真田徹 ライブをやっているとき僕は最近なるべく盛り上げようと思っているんですけど。それまではなるべくテンションを下げてライブをすることが多くて。

――逆にテンションを下げてライブを?

真田徹 ドン底みたいな気分にしてから。負のエネルギーを溜め込んでからライブをすることが多かったんです(笑)。

黒田秋子 ライブ前に『闇金ウシジマくん』とかよく読んでたよね(笑)。

――「Nightout」は怒りをテーマにした楽曲、「Sensor」では歌詞冒頭に怒りを込めたなど、陰と陽で言ったら“陰のエネルギー”の方が真田さんは放出しやすい?

真田徹 そうですね。でも最近はギターソロでも前に出ようと思って一瞬出たりすることもあるんです。このバンドは多分みんな“陰”の方なので。

――最後に読者のみなさまにメッセージをお願いします。

黒田秋子 今後はイメージできることを一つ一つ実現させて行きます。まずはライブに来て欲しいです!

(おわり)

記事タグ