今年デビュー20周年の宇多田ヒカルが、16日放送のNHK総合テレビ『プロフェッショナル 仕事の流儀「宇多田ヒカル スペシャル」』(夜10時)に初登場。彼女の音楽制作の現場に初密着。これまでベールに包まれていた宇多田ヒカルの“真実”に迫る。

プロフェッショナル 仕事の流儀「宇多田ヒカル スペシャル」

 15歳の鮮烈なデビューから20年、音楽制作の現場に初めてカメラが入った。作詞、作曲、そして編曲まで、曲作りの全てを一人でおこなう宇多田。ロンドンの自宅やスタジオでの日々は、ひたすら自分の内面の奥深くをみつめ、そこにある“感情”や“真実”という自分にしか分からないものと向き合う、途方もないものだった。

 悩み、もがきながらもチャーミングな素顔を見せる宇多田ヒカルに迫る。

 ▽担当ディレクター談

 撮影初日、ロンドンのレコーディングスタジオの前で、宇多田ヒカルさんの到着を待ちました。するとごく普通に、とてもリラックスした表情で宇多田さんはやってきました。取材を重ねるうち、スタジオが宇多田さんにとっての「家(ホーム)」であることが、分かってきました。両親共に音楽家で、物心つく前からスタジオに入り、時にはそこでご飯を食べ、眠ったそうです。

 15歳でデビューしてから20年経ちますが、その間、プロデューサーやディレクターといった音楽制作の中核を担うメンバーもずっと一緒です。そんな宇多田さんにとって「ホーム」であるスタジオに、初めてカメラを入れさせてもらいました。スタジオ特有の、静かで乾いた空気。その中で見えてきた、自然な宇多田さんの表情や音楽に込めた思いを番組にしました。

番組情報

プロフェッショナル 仕事の流儀「宇多田ヒカル スペシャル」
【放送予定】 総合テレビ 7月16日 (月・祝)午後10時~10時50分
【出演】宇多田ヒカル
【語り】橋本さとし、貫地谷しほり

記事タグ