シンガーソングライターの阪本奨悟が14日、神奈川・ラゾーナ川崎プラザで、1stアルバム『FULLY HOPE』リリース記念イベント『全国阪本化計画~綿毛を届けに編~』を開催。25日の『FULLY HOPE』発売を記念したミニライブと、アルバム予約者との2ショット撮影会をおこなった。阪本は「『阪本、半端ないって!』と言われるように頑張りたい」とサッカーW杯で活躍した日本代表の大迫勇也選手に負けない活躍を誓った。

阪本奨悟

 『FULLY HOPE』は、TVアニメ『王室のハイネ』オープニング曲の「しょっぱい涙」や映画『恋と嘘』の挿入歌「恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を~」など全10曲を収録。同アルバムを引っ提げ、8月4日の大阪ABCホール公演を皮切りに東名阪ツアー『阪本奨悟 ワンマンツアー2018 SPROUT~綿毛の宴~』をおこなうことが決まっている。

 阪本はこの日、アコースティックギターを携え、ステージに登場。アコギのボディを叩き、その音をルーパー(サウンドをループ再生させるエフェクター)を使ってパーカッションのような音を響かせながら『FULLY HOPE』の収録曲「人生のピーク」でステージをスタート。

 「暑いですね。さっき川崎市の気温を見たら36度でした。もう体温ですよ、僕の平熱と一緒くらい。今日はこの空間を僕の体内だと思って下さい(笑)。それくらい一つに繋がって熱いライブにしましょう」と呼びかけた。

阪本奨悟

 「しょっぱい涙」では、印象的なギターリフとコーラスをループさせて、額から大粒の汗を流しながら歌唱。そのまま「カラカラな心」をアコギをかき鳴らしてパフォーマンス。

 中学生の時にサッカーをやっていたという阪本。現在、ロシアでおこなわれているサッカーのワールドカップでベスト16という活躍をみせた日本代表について「大迫選手がドリブラーでフェイントが凄いんですよ。『大迫、半端ないって!』が話題にもなりましたが、僕も『阪本、半端ないって!』と言われるように頑張りたい」と、予選のコロンビア戦で逆転ゴールを決めるなどの活躍をみせた大迫選手に重ね、躍進を誓った。

 その後、阪本は「いつも応援してもらっているので、女性を主人公にして応援歌をつくりました」と話し、アッパーな曲「bloom ~心の花~」、そして最後は「夏のビーナス」でステージを締めくくった。

阪本奨悟

 ミニライブ後に、阪本は報道陣による囲み取材に応じた。ライブを終え「とても楽しかったです。楽しみにして頂いていたんだな、と分かるような笑顔で迎えられて嬉しかったです」と振り返る。

 「しょっぱい涙」は、福山雅治がプロデュースし作詞を共作している。阪本は「作詞の面で大きなアドバイスをもらいました。嘘なく書く言葉だからこそ人に届くと言われて本当に影響を受けました。憧れの存在です」と言い、何度か食事もともにしたと話す。

 また、今秋には写真集を発売するが「今の25歳という、大人だけど大人になり切れていない感じを全部詰め込んだ作品です」と語った。

 更に15日には、ワールドカップの決勝戦がおこなわれる。フランスとクロアチアの対戦になるが「フランスが、エムバぺ選手が決めて勝つと思います」と背番号10番背負う若き新星エムバぺ選手の活躍でフランスの優勝を予想。

 最後に、『阪本、半端ないって』は、これからも押していこうと思います(笑)。ライブを通して『FULLY HOPE』を作って本当に良かったと思いました。ぜひ聴いて下さい」と呼びかけた。【取材・撮影=松尾模糊】

セットリスト

阪本奨悟『1stアルバム『FULLY HOPE』リリース記念イベント「全国阪本化計画~綿毛を届けに編~」』
2018年7月14日@神奈川・ラゾーナ川崎プラザ

01.人生のピーク
02.しょっぱい涙
03.カラカラな心
04.会いたくて
05.bloom ~心の花~
06.夏のビーナス