2020年に開催される東京2020オリンピック聖火リレーは、2020年3月26日、福島県から出発することがわかった。12日、東京2020組織委員会が発表した。

 東京2020聖火リレーは、「復興オリンピック・パラリンピック」としての位置づけを強く意識して検討を進めており、そのため、東日本大震災の被災3県で実施する「復興の火」の展示という特別の取組と、被災地を丁寧にまわれるような移動日を含む121時間という長い期間を確保した。

 3月26日に福島県でスタートした後は、3月、4月と南に向かい、5月上旬に沖縄。その後は北上し、6月中旬に北海道に達する予定。その後は、岩手県、宮城県、静岡県など競技会場のある自治体をまわり、最後に東京都に入り、7月24日の開会式を迎える予定。

記事タグ