乃木坂46の三期メンバーの与田祐希(18)、大園桃子(18)、山下美月(18)、中村麗乃(16)、阪口珠美(16)、伊藤理々杏(15)、岩本蓮加(14)が28日、都内でおこなわれた『セブンマイルプログラム記者イベント』にCA姿で登場。プロジェクトとのコラボレーションで実施された、3Dサイネージによるダンスパフォーマンスの映像が披露される中、その撮影の経緯やアピールなどを語った。

 「セブンマイルプログラム」は、グループの統一ID「7iD(セブンアイディ)」を活用した、セブン&アイグループ横断型のプログラムで、グループ各企業での購買金額に応じて、さまざまな特典をもらえるサービスが用意される。この日は「セブンマイルプログラム」のサービス開始を記念して、6月28日から7月1日までの期間限定で同会場に掲出される、乃木坂46とコラボレーションした3DサイネージDANCE LIVEを実施、3Dサイネージにも登場する7人がセブンマイルプログラムのオリジナル曲 「mile mile please」に合わせて、サイネージの中のメンバーと本物の乃木坂46メンバーが一緒に踊る、スペシャルDANCE LIVEが披露された。

イベント会場で見られる特典映像、素の表情が垣間見られる7人それぞれの姿

与田祐希

 与田は撮影を「全員ノリノリで楽しく撮影しました。みんなで『衣装がかわいい』と話しながら」とコメント。一方、この日、完成したサイネージの映像を初めて見たという7人は「これまで乃木坂46でいろんな楽曲を踊ってきましたが、まさか箱の中で踊るとは…」と語る山下をはじめ口々に、もともと想像できなかったというその出来に驚いたと語る。

 対して、この日映像とコラボし披露したダンスに対して山下が「120点です!」と自信をもってコメントする。大園も狭いボックス内での踊りを「箱ダンス」と命名し「(ダンスは)かわいいポイントがたくさんあるので、ぜひ真似してほしいです!」とアピールする。

山下美月

 ダンス映像はWebでも閲覧可能だが、イベントでは特別映像としてステージ前の7人それぞれをイメージしたプライベート映像が披露されることになっている。伊藤は机の上でうつ伏せで寝ているもの、中村は読書する姿、山下はメイクシーン、大園は筋トレの様子、阪口は勉強している姿、岩本はダンスの練習シーンと、それぞれ個性的な素の表情を見せる。

 そんな中、与田が挑戦したのは、はただひたすら食べ物を食べるというもの。「おにぎりとかケーキとか、普段食べないような組み合わせでも、ずっとモグモグしているので、よかったら見ていただければと…(普段も)すごく食べるんですけど、これ大丈夫かなと思いながら、幸せな気持ちでモグモグしていました」とユニークな撮影のひと時を振り返っていた。

それぞれが欲しいものは?

ダンスを披露

 またこの日7人は、プロジェクトのキーであるマイレージに掛けて、それぞれが欲しいものをコメント。伊藤は普段から好きな帽子、山下は寝苦しい夜に首を寝違えることもあり、ケアのためのマフラー、阪口はおいしい白ご飯、岩本は趣味のための新しいギターが欲しいとコメント。与田は「時間を止められたらいいなと。最近時間に追われていることが多いなと思って。現実的な超能力が欲しいです」と切なる願いを語る。

 一方大園は「幸せが欲しいです。今が幸せじゃないといっているわけではなく、幸せになるために頑張っていけたらいいなと思っています」と優等生コメントを語る一方、中村は「現実から離れちゃうけど、メルヘンの世界に行きたい。ユニコーンがいるようなところに行きたくて、いつでも夢を見ています」などとコメント。後から山下が“大丈夫?”とばかりに寄り添う姿を見せ笑いを誘う。

 この日はCA風の衣装でダンスを披露した7人。他に着て見たいコスチュームは? とたずねられると、山下がメンバー全員で浴衣はどうかと提言。さらに続いて「サッカーのユニホームとかを、ライブとかで着てみたら?」とコメントすると、伊藤らはじめ皆で「盛り上がりそうだね」と同調していた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ