歌い続ける為には何でもやります

「愛のカタチ」ジャケ写

——レコーディングは以前から経験があったのでしょうか。

 いえ、ちゃんとしたものは今回が初めてでした。慣れだとは思うのですが、レコーディングは苦戦しました。閉じ込められるというか、狭い所が苦手でプチパニック状態で(笑)。普段歌う時は対人で歌っていたので、それがないと無機質な感じというか…。

 もちろんレコーディングした音源の良さもあると思うのですが、それに特化しちゃうとライブの良さがレコーディングで出ないんじゃないかなと考えたりして。今回は自分なりにベストの状態でレコーディングさせてもらいましたが、今後もっと勉強して自分の良さを引き出せるようになりたいです。何年か後に「愛のカタチ」を聴いて、「幼いなーこれ」と言えるようになりたいです。

——3曲目の「On My Way」はそんな海蔵さんの背中をも押してくれるような、前向きな曲ですね。

 僕は無駄にポジティブなので(笑)。僕の耳は便利で、悪い情報は流れて、良い情報だけキャッチするんです。あまり悩むことなんてないので、この曲は凄く歌いやすかったです。自分らしく楽しく歌えました。僕は今でも名古屋に住んでいるのですが、<改札抜けて 森とオアシスは今日も>や<見上げたテレビ塔は 星を指してる>など歌詞にも名古屋の名所が出てきているのでそこも聴いていただけたらなと。オアシスはオアシス21という観光名所で外国の方にも人気スポットでインスタ映えしますよ!

——歌詞にも注目ですね。ちなみに無駄にポジティブとはどのくらいポジティブ?

 みんなエゴサーチとかして落ち込んだりするじゃないですか。僕的には「嫌い」と言っていても、そんなこと言いながら気になってるんでしょ? とか思ってしまうタイプで、落ち込んだりしないです(笑)。

——これから“なりたい歌手像”みたいなものはありますか。

 将来については全然考えたことはないです。今あること、このインタビューもそうですが、目の前のことを一生懸命やっていった先に素敵な未来が待ってるんじゃないかなと。分からないことについて考えてもしょうがないですし。未来の具体像を決めてしまうと、今の自分を縛ってしまう気もして。それよりも、一つずつ全力でやっていってその結果どういう未来があるのかなと考えています。

——この瞬間を全力で日本武道館とか憧れるステージなどはないですか?

 僕的には、お風呂場で歌うことも、武道館で歌うことも変らないので。歌えることが楽しいというか。場所というよりも、10年経っても、今と同じ気持ちで歌えるように頑張るという感じです。

——もしも、歌えない状況になったらどうしますか?

 そうなったら、今まで歌った声を繋ぎ合わせて口パクで行きます(笑)。

——最新のテクノロジーで。ちょっと意地悪ですが、歌禁止令が出たらどうしますか?

 どこかに亡命します(笑)。それか、隠れキリシタンみたいに、普段は「歌なんてこの世から消えてしまえばいい」とか踏み絵を踏みながらも、こっそり歌います。きっと歌い続ける為には何でもやると思います。

——歌への愛が感じられました! それでは最後にメジャーデビューへの意気込みをお願いします。

 メジャーデビューするのですが、自分としては幅が広がったけど、今までアマチュアとしてやってきたことと変わらないと思っています。今までの等身大の自分を出して歌っていけたらいいなと。皆さんにもそういう自分の歌を聴いて頂ければ幸いです。そして、ぜひ応援して頂けたら笑顔で頑張れます。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。