リリースする毎に世界観が広がっている

和田輪(撮影=片山拓)

――「レインコートと首の無い鳥」と「おかえりさよなら」には、共通するワードもいろいろ出てきます。と言うことは、2曲とも共通したテーマで歌ってるという解釈で良いのでしょうか?

井上唯 サクライさんが作る楽曲には、今までにも同じワードが出てきているので、今回もその流れだと思うんですけど。でも、1枚のシングル盤を作るに当たって、2曲の流れとして意識したところもあるのかなとは勝手に解釈しています。

和田輪 Maison book girlの世界観を創っているのはプロデューサーのサクライさん。自分じゃない人が創った世界観だからこそ、それを自分のものにしていくのは、毎回苦労しています。この3年間、ずっと試行錯誤してきたなという部分も正直あります。

――でも、自分たちなりの意志や意見もサクライさんには伝えているんでしょ?

和田輪 そこは聞いてもらっていますし、今のわたし達の歌い方を把握したうえで楽曲も作っています。そこは、お互いに影響しあってると思います。

――完成したシングルの「elude」、それぞれどんな作品になりましたか?

矢川葵 今までの中でも、すごく格好良い作品になったなと思っています。今回、「AIに覚えさせたことを忘れさせる」というテーマですが、「レインコートと首の無い鳥」の振りの中にも、イントロでやった振りをアウトロで巻き戻す振りが出てきます。そこって一度忘れたものを巻き戻し、また冒頭へ戻って繰り返すという印象としても捉えれて、そこにも面白さを感じました。

和田輪 「レインコートと首の無い鳥」も「おかえりさよなら」もタイプの違う楽曲なんですけど、CDをリリースするごとにMaison book girlの世界観が広がっていくなというのは毎回感じています。また新しいことができて楽しいなって感じです。

コショージメグミ 「elude」というタイトルが、「忘れる」「逃れる」という意味なんですけど。人って、忘れたいことや逃れたいことってあるじゃないですか。そういう人に寄り添える作品になったと思います。

井上唯 わたし達の表現の技能が増すごとにMaison book girlとしてできることも増えているように、またわたし達のレベルが上がったからできた1枚だと思いますし、まだMaison book girlのことを知らない人にも聴いてもらいたい作品になりました。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。