7人組イケメン女子グループのザ・フーパーズ(THE HOOPERS)が26日、タワーレコード渋谷店のCUTUP STUDIOで、ニューシングル「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」の発売記念イベントをおこなった。新曲含む4曲を披露するミニライブの後、体調不良で活動休止していた陽稀がサプライズ登場。陽稀の「悲しませてしまった分、愛していきます」という挨拶。当初予定よりも前倒して復帰することも発表され、歓喜の声が上がった。【取材・撮影=小池直也】

ザ・フーパーズ

 「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」は27日に発売される、グループにとって9枚目となるシングル。陽稀が2月末から活動休止していたことを受け、グループにはi☆Risの澁谷梓希が9thシングル限定のメンバーとして参加。今回のイベントには未来・星波・つばさ・千知・Lee・乃愛・澁谷の7人が臨んだ。

 暗転してから、「ここはどこだ?」というナレーションでイベントがスタート。それに対し、女性比率多めのオーディエンスが「渋谷タワーレコード!」と大声で応答して、メンバーがステージに現れる。

 ミニライブ1曲目は「SHAMROCK」。つばさがイントロでヒューマンビートボックスを披露し、未来が先頭を切って歌い出した。力強くポジティブなパフォーマンスを見せる。エンディング後はメンバー紹介を挟んでから、爽やかな「クリアスカイ」、イントロだけで観客が熱狂した「NEW WORLD」とセットリストを展開。

未来、陽稀、澁谷

 ミニライブ最後の曲は、できたての新曲「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」。敬礼から始まる振付を会場全員で確認してから、疾走感のある楽曲が始まる。7人はイントロから舞台前方へ出て来て、ファンを扇動。ステージの上下関係なく笑顔があふれ、新曲とは思えない一体感を見ることができた。

 ライブが終わり、星波が「陽稀さんが7月から復帰します!」と呼びかけると大きな声援が。続いて新曲のミュージックビデオに映る陽稀が“元気そうだ”とメンバーが話し始めると「まさか?」という空気が会場に漂う。そして星波が「大好きな大好きな陽稀に会いたいですか?」と呼びかけると、「会いたい!」という大きな返答。そこからファンに呼び込まれて陽稀が舞台に登場した。

 陽稀の第一声は「本当にご心配、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。ただいま!」。フロアは歓喜が溢れた。さらに陽稀は「世界一緊張していて、手が震えているんだよね」と前置きしてからファンに「悲しませてしまった分、喜ばせてあげられるように愛していこうと思っていますので、覚悟しておいてください」と発言。

ザ・フーパーズ

 また陽稀は、“代役”を務めた澁谷についても「ずっちゃん(澁谷)、本当にありがとう。本当に忙しいのに、こうやって(参加してくれて)」と感謝を伝える。それに対して、澁谷も「こんなチャンス二度とないと思った。ツイッターで『i☆Risが入ってくるの?』という投稿も見たけど、今こうして陽くんと同じステージでおしゃべりできているから、頑張ってよかった」と想いを明かした。未来も「2人がステージに立ってるのが本当に嬉しい」と涙。

 これを以って、陽稀は澁谷よりバトンを戻される形で活動復帰となる。澁谷から陽稀へ新衣裳も手渡され、メンバー、ファンともに喜びを分かち合った。さらにリリイベ最終日の7月1日は最初で最後の8人パフォーマンスも予定されているという。

 最後に澁谷が「私がフーパーズでいられるのも7月1日が最後な気がしているので、是非いらしてください」とコメント。その後の握手会も盛況だった。

記事タグ