SKE48須田亜香里(26)の“すっぴん”と思われるショットが反響を呼んでいる。16日の『第10回AKB48世界選抜総選挙』で2位に入り、「ブスだって言われても…」などとスピーチした須田だが、チャーミングな素顔はファンのハートを射止めるのに十分なようだ。

 須田の“すっぴん”ショットを公開したのは、同じSKE48の高畑結希。19日に自身のツイッターで、「やばい!!!」と切り出した後、「総選挙2位がカキ氷奢って下さった。。。さすが2位。。。ご馳走様でした あ~ん」とコメントし、須田のショットを公開した。

 活写された須田は、左手にスプーンを持って撮影者に食べさせようとしている姿。その顔にはメイクが施されていないようだ。ナチュラルな須田は口元を「あ~ん」と開けて、笑顔を見せている。

 16日の『第10回AKB48世界選抜総選挙』で躍進となる2位に入った。スピーチの中で、「握手会の列は今は短いって子も、ブスだって言われても、運営に推されなくっても、こうやって登ることができる。覚悟を決めればファンは気付いてくれる」などと語っていた須田は、自らの弱みをポジティブな個性として発揮する鑑のような存在だ。

 この“すっぴん”ショットにファンからは「すっぴん!」「あかりんどスッピンやんw」と驚きの声が挙がり、「やっぱりあかりんはすっぴんが可愛い」「2位様、ほぼすっぴんでも可愛い」「すっぴんあかりん愛せます」と好評に受け止められている。

 また、「世間の人は思っている以上に48グループのことを知らない」とAKB48世界選抜総選挙で語っていた須田。グループメンバーが公開したが、自然体の姿がストレートに伝わる須田の“すっぴん”ショットは、体を張ってAKB48グループの躍進につなげたい気持ちがのぞいているとも言えそうだ。

記事タグ