点数を付けるというのは無理ですね(笑)

中西雅哉(撮影=冨田味我)

――イメージ通りのものが出来たわけですね。今作のサウンドへのこだわりは?

中西雅哉 今回は拓也のリズムパターンをどこまで再現できるかというところでした。今までは僕なりの解釈をして拓也にプレゼンしていくみたいな流れでした。それって良くも悪くも自分色になってしまうので、一回「拓也の色をそのまま出せたらどうなるのかな?」と、前の制作が終わったときに考えたりしていて。拓也は頭の中でドラムが鳴っている人なんですよ。僕はドラムのセオリーとかを知っているから、拓也の言う手順をそのまま一回再現して、セオリーではない部分を無意識に正すところが今までありました。

 今回わりと僕自身からでは出にくいフレーズやリズムパターンというのを表現できたのはそういう意識があったからなんです。「PSYCHOPATH」を打ち込んでいるときは単純に「カッコいいじゃん」と思ってたんですけど、自分でドラムを叩いてみたら「これちょっと難しいな…」みたいな(笑)。セクション毎にリズムパターンを理解していかないと叩けないんです。今回は拓也の考えているものを再現するという違う角度からアプローチできました。

――人力で叩くのが難解な曲もあるわけですね。鈴木さんも山中さんのイメージを具現化したり?

山中拓也 シゲはいつも通りでしたね。このイメージ、こういう感じ、光がバーってなってて、みたいな。すごく抽象的なやりとりです。

鈴木重伸 もう本当にそういう感じです(笑)。

山中拓也 シゲと性格が似ているので、それでわかってくれるんです。

――とは言っても山中さんの抽象的なイメージがわからないというときはないですか?

鈴木重伸 確かに言葉だけだったら「うん?」ってなるんですけど、既にバッキングやドラムのイメージがあるので大丈夫なんです。あとはチラチラ拓也の顔を見ながら演奏して「こんな感じ?」みたいな。その中で「ん?」って顔したら「ああ、こっちじゃないんだ」って軌道修正して(笑)。でも拓也も頭ごなしに「違う」という感じではなくて「ヘェ〜そういうのもあるんだ」と言った感じで。

――否定ではないんですね。「なるほどね」みたいな。

鈴木重伸 とりあえず一回受け取ってくれます(笑)。

――優しさもあるけど、結果的には譲らないと(笑)。あきらさんは今回ベースもコーラスも大変そうですね。

あきらかにあきら 大変ですね。あまりコーラスのことを考えずにベースをアレンジしてしまったと思っているので。ライブでやるときに口と手が分離できるのかというのが心配なところでもあるんですけど(笑)。でも、ベーシストとして曲に向き合えたというのは自分の中の成長として大きいですね。

 今までは曲作りの段階から一緒にセッションして作るというスタンダードな作り方、ライブを想定して得意なことをしてそれが曲になっていくという感じだったんですけど、今回はデモの段階から「どれがこだわりで、どこが自分は自由にやっていいんだろう」という所を見定めながらの制作でした。拓也は今回「作曲者」、僕は「アレンジャー」みたいな目線で曲に向かえたのが新鮮でした。

――さらに立ち位置が明確になってきたわけですね。さて、前々から一度聞いて見たかったんですけど、敢えて今作に点数を付けるとしたら何点?

山中拓也 難しい質問ですね(笑)。僕らは満点が100点ではないんです。常に満点を狙ってやっているんですけど、一日経ったらその満点が満点ではないバンドだと思うので。僕は今作を作ってからも伸びしろを凄く感じているし、ここから全然グレードアップしていかないと長くバンドをやっていく意味もないなと思うし。これが最高傑作ならバンドをやめてもいいかなとも思うし。今の最高傑作ではあることは間違いないですけど、日によって点数変わりますから。やっぱりそこに点数を付けるというのは無理ですね(笑)。

――なるほど。さて、大阪城ホールの時に宣言してましたけど、年末には早くもアリーナツアーも。

山中拓也 もうその段階にきているんだなということをお客さんから感じさせてもらっているというのが凄く大きくて。だから止まることなくどんどん進んで行きたいという気持ちと、『Kisses and Kills』が僕らの中では今の最高傑作なので、これはアリーナの広さでも絶対に伝わるアルバムだと信じているというのもあってアリーナツアーを組みました。

――アリーナツアーならではのやりたいことは?

山中拓也 まだ言えないんですけど、やりたいことのイメージはかなりできています。アルバムのコンセプトをわかってもらえたら、当日来たときに「なるほどね」というようなライブにしたいなと思っています。

――半年先ですけど楽しみですね。その前に9月から始まるツアー『Kisses and Kills Tour 2018 Live house series 〜Directly to various places〜』の方はどのようなツアーにしたい?

山中拓也 このツアーはまだ行けてなかった場所にも行って、約束していた地方にも恩返ししていきたいなと思っています。あとは色々と挑戦もあります。

中西雅哉 キャパも今までで一番大きいツアーになるので、それも挑戦です。いまの僕らを観に来て頂けたら嬉しいです。

(おわり)

この記事の写真

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。