“風男塾色”に全国を染め上げたい、風男塾 より高まった結束力
INTERVIEW

“風男塾色”に全国を染め上げたい、風男塾 より高まった結束力


記者:村上順一

撮影:

掲載:18年06月21日

読了時間:約13分

カメムシが窓に激突

藤守 怜生(撮影=冨田味我)

――7月にはツアー『FUDAN10KU LIVE 10th ANNIVERSARY TOUR Vol.3 ~31の風思議な魔法~』も控えるなか、新曲「君色々移り」が完成しましたね。今回は作詞・作曲にまふまふさんで。

瀬斗 光黄 そうなんです。今回素晴らしい楽曲を頂きまして。そういえば、デモの仮歌は誰が歌ってたの?

草歌部 宙 僕です。シンセサイザーのメロディを聴いて僕が仮歌を入れさせて頂きました。

――宙さんが入れた歌を皆さんが聴いてレコーディングしていったんですね。すごく和の要素が出ている楽曲ですが、歌ってみていかがでしたか。

仮屋世 来音 和の要素がある曲は過去にもあったのですが、恋の歌でここまで和の感じが出たものは初めてです。新鮮な気持ちでレコーディングに挑めました。

――その歌詞の内容は告白がなかなか出来ない男の子のことが描かれていますが、皆さんは告白出来る方ですか?

瀬斗 光黄 僕は状況によりますね。どちらかというと言えないタイプかも知れないです。

仮屋世 来音 僕は言えます! こんなにも片思いをしている一途な恋って凄いなと、この歌詞を読んで思いました。でも、この曲の主人公は結局言えてないんですよね…。

――最後の<今年も言いそびれた 君が好き>ですからね…。今回言葉の使い方が古風な感じもありますが、そのなかで気に入っている歌詞のフレーズがありますか。

紅竜 真咲 僕は<平静は形許り 恋い慕うばかり>です。自分の妄想なんですけど、平静を装っているけど、好きなのに素直になれない気持ち、その情景がすごく見えるので好きなんです。自分ともリンクする部分があるからかも知れないです。

愛刃 健水 僕は相手が好きだというのがわからないと言えないタイプなんです。気持ちがこっちに向いてなかったら無理かな(笑)。なので自分はこの歌詞の主人公だったら好きだと言えないまま曲が終わってしまうなと思いました。言ったとしても1人ボソボソ言ってるみたいな。

仮屋世 来音 それは切ない…。

草歌部 宙 健水君が歌ってるところなんですけど、<胸がぎゅっと痛むほど 君のことが好き>とかストレートで好きです。

瀬斗 光黄 今まで季節とかに例えて表現していたのが、ここでストレートに来るのは確かにグッと来るよね。

愛刃 健水 改めて色々と妄想が膨らむ歌詞です。

藤守 怜生 僕は<募る言の葉 積もるは木の葉>という箇所が好きです。言葉と一緒に木の葉も積もっていく情景が凄く見えてくる歌詞だなと感じました。<刹那に流されて 花びらは夜空>の部分も黙ったまま花火を見上げてる景色が見えてきていいなと。

仮屋世 来音 <手を伸ばせば触れる距離>というところもグッときます。ここで近づきたいけど近づけない心情が凄く出ているなと感じました。ここは僕が歌っていないのですが、踊りながら密かに歌っています(笑)。

――「君色々移り」はMVも情緒溢れる仕上がりですね。動画サイトではショート版なのですが、最後どうなるんですか。

仮屋世 来音(撮影=冨田味我)

瀬斗 光黄 みんな手紙を持っているんですけど、渡すのか? もらったのか? 最後、女の子の隣にいるのが、誰からかはわからないというエンディングなんです。そこも妄想を掻き立てられる内容になっています。ただ、メンバーがその子のことをみんな好きなんです。

仮屋世 来音 モテる人なんです(笑)。

――今回はアルスマグナの九瓏ケントさんが振付を担当されたみたいで。前作では朴ウィトさんで同じグループですけど、振付の方法論など全く違う感じですか?

瀬斗 光黄 曲調も違うこともあって全然違いました。朴さんは常にテンションが高いアゲアゲな感じで進行していく感じでしたが、ケントさんは先生ということもあって、クールに進行していく感じでした。独特な空気感を持ってらっしゃる方だなと思いました。

藤守 怜生 凄く的確に教えて頂けました。

――今回の振付のポイントは?

瀬斗 光黄 今回の衣装が和の感じということもあって、振袖のヒラヒラ感が活きる手の動きがポイントです。この動きはアルスマグナのファンの方がケント先生ぽいと言ってました。

――ファンの方には手の動きでもわかるんですね。今回の撮影でハプニングや印象的なことはありましたか。

瀬斗 光黄 今回、秩父(埼玉)にある廃校での撮影だったんですけど、山中ということもあって虫が多くて。撮影で怜生君と2人で窓越しに外を見るシーンがあったんですけど、そこにカメムシが窓に激突してきて…。でも撮影中だったので表情は変えずやりきりました。虫が凄く苦手なので内心ハラハラしてましたけど、一発オッケーでした。

藤守 怜生 声は出しても大丈夫だったので出ちゃってるよね(笑)。でも、表情はめっちゃカッコいいです。そこは見所ですよ!

愛刃 健水 あとは地元のおばあちゃん達が外で撮影してる時に観に来てくれてました。「君色々移り」を最初に見てもらったのは、あのおばあちゃん達で(笑)。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事