欅坂46が『LINE Pay「10円ピンポン」』のキャンペーンアンバサダーになることが決まり、その発表会が18日、都内でおこなわれ、グループを代表して小林由依(18)、菅井友香(22)、長濱ねる(19)、渡辺梨加(23)の4人が出席した。発表会では、同日に放送を開始する新CMの映像も公開。メンバーが卓球のフォームを披露する映像で、渡辺は「小林由依ちゃんのサーブがキレキレでした」と小林のサーブポーズを絶賛した。

長濱ねる(左)と渡辺梨加

 『LINE Pay「10円ピンポン」』は、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する“スマホのおサイフ”サービス「LINE Pay」において、手数料0円でアプリ上でお金を送り合えることの認知拡大を目的に同日から7月17日の30日間、友人などに10円を送るとコンビニやファストフード店の人気商品が手に入るというもの。

 このキャンペーンのアンバサダーを欅坂46が務める。同日に全国で放送が開始された新CMの映像もイベント内で公開された。CMではメンバーが送金を卓球のスマッシュ風に送るものでスローモーション再生で躍動感を演出している。

 CM撮影を終えて、長濱は「スロー再生が新鮮で、アクロバティックな映像になったと思います」と話す。菅井は「マットを使って、臨場感の溢れる映像に仕上がりました。とても楽しかったです」と撮影を振り返った。

メイキング

 小林「『LINE Pay』のスピード感や卓球のフォームに注目して頂けたら」と呼びかけ、渡辺は「小林由依ちゃんのサーブがキレキレでした」と小林のサーブポーズを絶賛。

 家族や友人とのコミュニケーションでLINEを使用するという菅井。「LINEは生活の一部になっていますね。『LINE Pay』は割り勘をする時とかにとても便利で、友達にも気を遣わずに気軽にやり取りできる」と「LINE Pay」の魅力を語った。渡辺は「メンバーも使っているので、最近使い始めました。すぐにお金が届くので安心です」と「LINE Pay」についてコメント。

 また、イベントでは長濱から菅井へ10円を「LINE Pay」で送金するデモンストレーションもおこなわれた。長濱は使い慣れた感じで「ゆっか~、この間はありがとう」というメッセージ付きで送金。菅井は「かわいい。嬉しいですね」と笑顔を見せた。長濱は「私たちはLINEをよく使っている世代なので、お金のやり取りが簡単にスピーディーにできるので広めていきたい」と語った。

 最後に、菅井は「改めて『LINE Pay』はとても便利で楽しく、生活を便利にしてくれるサービスだと感じました。ぜひ使って頂けると嬉しいです」と呼びかけた。

 ◇

 この日の午前中には、大阪北部で震度6弱の地震が発生。メンバーを代表して菅井は「本日、大阪府北部で発生した地震により被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。まだ、被災状況も分からず、余震などの可能性もありますのでより一層ご注意頂ければと思います」とコメントしていた。【取材・撮影=松尾模糊】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)