【第10回AKB48世界選抜総選挙(6月16日)愛知・名古屋ドーム】歴代5人目となる女王が誕生した。19万4453票を獲得して1位になったのは昨年3位のSKE48松井珠理奈(21)。唯一の10年連続で総選挙選抜入りを果たした。両手を掲げマイクの前に立った松井。まさに女王の振る舞いといった感じで威風堂々とした表情を見せていたが、女王のマントが掛けられた瞬間、それは崩れた。しかし、再び気を引き締めると感謝の思いとともに心境を語った。

 ■第10回AKB48世界選抜総選挙:写真特集

 ◎松井珠理奈スピーチ

 今日は泣きません。だって感謝しかないもん。いつも応援して下さって私をここまで連れて来てくれた皆さん、本当に有難うございます。

 (深々と礼)

 まず名古屋で総選挙が出来たのはAKBのお陰です。AKBがなければSKEはありません。そして、後から追いかけて来る後輩がいるからSKEがあります。

 日本だけじゃない。世界にも48グループがいる。それが私たちの強みです。本当に感謝しています。48グループに、全てに、関わってくれている皆さん。ファンの方々が一番ですよ。本当に有難うございます。

 (深々と礼)

 だから、大切なファンの方をがっかりさせることは言いたくないけど、私は総選挙1位がゴールだと思ってやってきました。今、1位になりました。…だから、卒業しません。

 (笑顔)

 やっと気づきました。48グループにまだ必要と思って貰えているんだなって。(声を震わせ涙ながらに)嬉しい。本当に嬉しい。泣かない。チャンピオンは泣いてちゃいけない。

 きょう、いろんなメンバーの涙を見ました。もどかしい思い、全部わかります。だって10年やってきたんだもん。

 もちろん、48グループの全ては知りません。私はSKEがスタートだから。

 でも、いろいろな先輩たちの近くで歌ってきたら分かります。今の48グループが一番最高です。それは、どんなときでも、皆さんがそばにいてくれるから。何があっても私たちの近くにいてくれる。

 でも、今日の皆のスピーチを見ていたら凄く寂しそうだった、皆が。私はメンバーが寂しい姿を見たくないです。それを助けられるのはファンの皆様しかいません。

 だから、これからどんな事があっても、ずっとずっとそばにいてください。約束です。

 これで、一旦総選挙の戦いは終わりですけど、まだ私達が戦わないといけないところ、ありますよね。私は本気で、48グループを1位にしないと気がすまない。こんなに頼もしい後輩がいてくれるんです。こんなに温かいファンがいてくれるんです。今テレビで応援してくれる方々もいるんです。だから、皆を信じて、お互いが信じあえば、また48グループはアイドル界にトップになれます。

 なりたいんじゃダメなんですよ、なるんです。きょう感じました。きょうの皆のスピーチのおかげ。私が卒業をしないのは。まだ自分がやれることはあります。でも体力の限界。だから私の事、寂しくさせないでください。もう気持ちだけで動いていますから。

記事タグ