アイドルグループ・まねきケチャの中川美優、藤川千愛、宮内凛、松下玲緒菜、深瀬美桜が9日、東京・台場でおこなわれたイベント『鬼太郎&まねきケチャといっしょに「鏡の中から」を踊ろう!』に登場。新曲がエンディングに使用されている『ゲゲゲの鬼太郎』への思いを語った。

まねきケチャ

 最新シングル「鏡の中から/あたしの残りぜんぶあげる」が、4月23日付オリコンシングル週間ランキングで5位を獲得するなど好調を見せている、まねきケチャ。「鏡の中から」は、テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期シーズン(フジテレビ系)のエンディングに起用されており、MVは視聴130万回を突破した。

 今回のイベントは、そのタイアップを記念しておこなわれたコラボレーションイベント。鬼太郎、ねずみ男も登場し、まねきケチャとともに「鏡の中から」の振付レクチャー会とともに、まねきケチャのミニライブが披露された。

 イベントに参加した子供たちを見て宮内が「口ずさんでくれていたので、すごく歌を聴いてもらっているんだなと思って、改めて嬉しかったです」とコメントするなど、メンバー一同がイベントを心から楽しんだ様子。今回のタイアップについても、松下は「ずっとアニメの主題歌が夢だったので、私たちもすごく嬉しいですし、家族も喜んでくれています」と改めて喜びを感じたようだ。

まねきケチャと参加した子供たち

 今回は『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクター、猫娘の着ているワンピースをモチーフに、それぞれの担当カラーで彩られたファッションで登場した5人。「メンバーそれぞれ登場キャラクターでいえば、どのキャラか」とたずねられると、宮内はメンバーがそれぞれ持つ属性より「れおにゃ(松下)はやっぱり猫娘」とコメント。その松下は「みゅーちゃん(中川)はぬりかべ。ドスン! としているというか、肝が据わっているというか」などと語る。

 他方、宮内自身は「私、鬼太郎っぽいかなとちょっと自分で。ちょっとクールというか」と語ると皆も納得、松下は「猫娘にはツンデレ。だからツンデレキャラなんです!」とすかさず補足を入れる。深瀬は「たとえるのはどうかと思うけど…ねずみ男さんがすごく好きなんです。すごくその場の雰囲気を和ませている感じというか」と語ると、宮内から「そういう意味では、ちょっとムードメーカー的な感じもある」と納得の様子。

 一方で藤川に対して松下が、少し考えて「ちあいちゃん(藤川)は…なんだろう? 砂かけばばあ?」と勢いで答えると「ヒドイ! イヤです!」と即反応し「妖怪でなくていいなら、(属性が)うさぎ担当なので」と答え笑いを誘っていた。

 なおこの日のライブでは、「鏡の中から」のほか、「ハリネズミの唄」「モンスターとケチャ」を披露された。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)