菅井友香

 欅坂46菅井友香が5日、都内でおこなわれた、1st写真集『フィアンセ』(撮影=LUCKMAN、講談社刊)の出版記念お渡し会に出席。限定1000人に直接手渡した。イベント前には報道陣の取材に応じ、初版で10万部を突破したことを受けて驚きの表情。メンバーからの評価は上々のようで「『くびれがすごいね』と褒めてもらえて凄く嬉しかった」と喜んだ。

 フランス・パリでの撮影。「映像でしか見たことがなかった、ずっと行ってみたかった」という初のフランスの地での撮影は「大好きな馬に乗ったり、美味しいご飯を食べたり。とにかく景色が本当に綺麗。実際に行って肉眼で見ると美しさは違って感動の連続でした」と笑顔。

 お気に入りの写真は、ホテルの前でのもの。「とてもゴージャスな素敵な衣装を着させて頂いて、パリに住んでいるような気分で。ドアマンさんに一緒に撮ってもらえますか? と言って撮って頂いた。家具とかも置いてあって綺麗だし、住みたいなと思いました」とフランスの気分に酔いしれたよう。

 初めての写真集で不安もあり、緊張していたという。「やっぱり体は不安だったので、ダイエットも頑張りました。ご飯を何時以降は食べないとか、体幹トレーニングとかも。ストレッチとか、加圧とかジムに通ってやりました」と体調管理には気を付けたそうだ。

 それによって出た効果は、馬術が得意な菅井らしく「ニンジン30個分ぐらいは(体重を落とせたと思います)」と答えた。

菅井友香

 その写真集では水着やランジェリーにも挑戦した。「凄く恥ずかしかったです。学校の授業でもスクール水着が恥ずかしくてあまり見られないようにコソコソしているのに、今回まさか自分の水着姿やランジェリー姿を沢山の方に見て頂く機会が来るなんて思っていなかったので」とも。

 しかし、撮影が進むうちに「本当にスタッフの皆さんが本気で良いものを作ろうと色々と考えてくださったので、その気持ちに精一杯応えられるように頑張りたいと思って、だんだんと水着撮影とかも『こうしたらどうですかね?』と気づいたら提案していて。フランスという街で開放的になっていて自分でも信じられないぐらい」といつの間にか積極的に参加している自分がいたそうだ。

 欅坂46としては、長濱ねる、渡辺梨加に次ぐ3人目のソロ写真集となる。オファーを受けた当時は「『え! いいんですか?』という気持ちでした。最初に長濱ねると、渡辺梨加が出していたので、凄いなと素直に思っていて、自分なんかが出せるとは夢にも思っていなくて、ありがたい反面、本当に大丈夫かなって」とも。

 そんな不安を抱えたなかでの出版だが、初版は既に10万部を突破。菅井本人もこの数字は実感がないようで驚いた表情。それでも「本当にありがたいです」と笑顔。

 長濱、渡辺超えも期待されるが「いやいや、超えてやろうなんてそうんあ。出させて頂くことが奇跡でしかないので。色んな方の思いをのせた、自分のすべてが詰まっているので、少しでも沢山の方に見て頂いて、元気になってもらえるような1冊になってくれたら」と謙遜していた。

 そのメンバーからの評判は上々のようで「『友香がこんなに大人っぽい表情が出来るとは思わなかった」と言ってくれたりとか、『くびれがすごいね』と褒めてもらえて凄く嬉しかったです。水着をメンバーに見せることはないので新鮮。メンバーに見せるのも恥ずかしい。どんなリアクションなんだろうとそわそわしていました」と語った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)