2Vo.+1DJの3人組ユニットのメロフロートが7月25日に、7枚目となるシングル「悲しみなんて笑い飛ばせ」をリリースする。メンバーが心から敬愛する「FUNKY MONKEY BABYS」のカバーでメロフロートは原曲から雰囲気を変え、夏にぴったりのスカアレンジの仕上げた。メンバーのYu-Kiは「僕らの想いを馳せて、今度は誰かの可能性に寄り添える。ただひたすら使命感に燃えています」とコメント。カップリングには、現在既に配信中のオリジナル曲「ただいまと言えるまで」を収録。同シングルは6月2日に岡山CRAZYMAMA 2nd Roomで開催される『LIVE EDGE』で先行予約受付開始。

 結成以来、全国でストリートライブで全国47都道府県を制覇。、路上での手売りだけで地元Zepp NAMBAを埋め尽くした2Vo.+1DJの3人組メロフロート。飾らない等身大のままの生きざまと、夢に向かって走り続けている彼らを象徴したタイトルを掲げた意欲作の前作「僕は走り続ける」がテレビ東京系アニメーション「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」のエンディングテーマとして、より一層知名度を広めている中、彼らの最新作の内容が発表となった。

 悩み抜いて完成させた、最大限の”リスペクト”と”自分たちらしさ”を詰め込んだカバーver.彼らが放つニューシングルは、メンバーが心から敬愛する「FUNKY MONKEY BABYS」のカバー!楽曲はAL『ファンキーモンキーベイビーズ4』に収録され、2012年に日産自動車「セレナ」CMソングとしても話題を呼んだ「悲しみなんて笑い飛ばせ」。ライブの定番曲であり、ファンから強い支持を集める楽曲である。メロフロートのバージョンは原曲から雰囲気を変え、夏にぴったりのスカアレンジで思わずノリノリで踊りたくなるように仕上がっている。昔からずっと彼らのそばにあった「FUNKY MONKEY BABYS」の楽曲。だからこそ、3人で本気で悩み抜き、最大限リスペクトが伝わるような精一杯のカバー楽曲を完成させた。

 カップリングには、現在既に配信中でファンから好評のオリジナル曲「ただいまと言えるまで」の収録が決定。メロフロート版「悲しみなんて笑い飛ばせ」が視聴できるトレーラーを公開、また本シングルは、6月2日、岡山CRAZYMAMA 2nd Roomで開催される『LIVE EDGE』で先行予約受付開始。予約者にはオリジナル特製ステッカーをプレゼントする。

■コメント

▽Yu-Ki

 「そうさ笑ったって泣いたっていい お前が生きてんのが素晴らしい」これは、今回カバーさせていただくFUNKY MONKEY BABYSさんの『悲しみなんて笑い飛ばせ』の歌詞にある、僕の大好きなワンフレーズです。自分の可能性に寄り添ってくれた楽曲に、僕らの想いを馳せて、今度は誰かの可能性に寄り添える。ただひたすら使命感に燃えています。これから出会う人達にはもちろん、「Babys」の方にも届きますように!

▽KENT

 今回、FUNKY MONKEY BABYSさんの『悲しみなんて笑い飛ばせ』をカバーをリリース出来ること、この上なく嬉しく、本当に本当に光栄です!元気づけられる大好きな曲がいくつもある中で、この曲が僕にとって一番勇気づけられ、励まされ、夢を諦めないという、強さを与えてもらった、パワーソングだからです!この曲に込められたメッセージを、自分達の持てる限りのパワフルな魂で、今度は自分達が誰かの力になれるように大切に唄っていきます!

▽KAZUMA

 今回のカバーが実現できて、ただただ感無量です!同じ3人組スタイルで音楽を発信していて、結成当初から「ファンモンみたい」という言葉も周りから頂いていました。それは良い意味でも、時にはそうでない意味でも。でもリスペクトは紛れもない事実で、僕らの好きなものを僕らなりに形にして、全力でこのシーンを盛り上げていこう、そう思い今回カバーをさせて頂きました。ポジティブ全開のこの曲にメロフロートのパワーをさらに重ねて「めっちゃ良い曲だ」と想っていただけるように、本気で一言一句大切に届けたいと思います。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)