AKB48の峯岸みなみ(25)が、自身の整形疑惑を否定した。

 5月31日放送の日本テレビ系『ダウンタウンDX』に出演した峯岸。この日ゲスト出演していた、2017年の『第15回国民的美少女コンテスト』でグランプリに輝いた女優の井本彩花(14)が、8歳からアイプチをして二重になったエピソードを紹介。すると、ダウンタウンの浜田雅功が13歳でデビューした峯岸に話を振った。

 峯岸は「私も同じ」としながらもデビューのギリギリでアイプチをし始めたことに言及。番組ではデビュー当時のまだあどけなさの残る峯岸の写真を映し出し、「こうやって出されるとすぐネットで『整形だ』って言われる」と嘆き節。松本人志から「いくらかかったん?」などとツッコミを入れられ、「やってないです」と激しく否定していた。

 ちなみに、同じく整形疑惑がネットの一部で上がっていたHKT48指原莉乃も別の番組で整形をしていないと強く否定している。

 AKB48の第一期生である峯岸みなみ。2005年開催の同グループオーディションに13歳で受けて合格、その後デビューを果たしている。その峯岸はこの番組のなかで、1期生であるため「頑張っていこうと思ってる」との気持ちがあるものの、AKB48グループが「新しいAKBを見せて行きたいので、AKBの仕事がほぼほぼ入ってこないんですよ」と、運営の方針が変わってきていることを“深読み”し、嘆き節を見せていた。

記事タグ