俳優の生田斗真が、嵐の松本潤とともに山下達郎・竹内まりや夫妻とカラオケに行ったことを明かした。2人の歌声を生田は「もうカラオケのレベルじゃない」と絶賛。さらに、星野源やマキシマム ザ ホルモンのメンバーともカラオケに行ったエピソードも紹介した。

 生田は20日深夜に放送された、フジテレビ系の音楽番組『Love music』に出演。番組ではプライベートで音楽フェスやライブによく出向くという音楽好きの生田のルーツをトークを通して紹介。

 生田は、弟の生田竜聖フジテレビアナウンサーとともにライブなどに多い時には週3回赴くという。番組MCのアンジャッシュ・渡部建が最近印象に残っているライブについて尋ねると生田は「昨年行った矢沢永吉さんの武道館公演です」と答え「凄いですね、“永ちゃん”って。始まる前から永ちゃんコールが起きて、そのコールだけで泣けてきました」と話す。

 映画や打ち上げなどでカラオケに行くこともあるという生田。アーティストと一緒に行く機会もあると言い「本人に歌わせるよりも自分がそのアーティストの曲を歌って“俺知ってるぜ”というアピールをします(笑)」とこれまで星野源やロックバンドのマキシマム ザ ホルモンのメンバーとカラオケに行ったことがあることを明かした。

 番組MCを務める森高千里は「他の人が歌ってくれると、こういう解釈してくれてるんだなあ、とか思って嬉しいかもしれない」と生田のエピソードに感心した様子。

 さらに、生田はカラオケでの一番の思い出として、山下達郎と竹内まりや、嵐の松本潤とともに食事会の後カラオケに行ったエピソードを明かした。生田は「松本が馬鹿なフリしてちょっとカラオケに誘おうぜ、と一緒に仕掛けて」とその経緯を語った。

 快く応じた山下と竹内の2人は本人たちの楽曲を歌唱したと言い、生田は「もうカラオケのレベルじゃない。本当に上手で、途中で竹内さんがハモったりするんですね。でも、松本も隣で一緒に歌って…こっち聴きたいから黙れって(笑)」と振り返った。

 視聴者からはTwitterなどで「お二人の横で一緒に歌う潤くんメンタル強いわw」「超贅沢」など豪華すぎるシチュエーションをうらやむ声が上がった。

記事タグ