凱旋の如く、割れんばかりの歓声を浴びたのはローラだった。移籍騒動後初の公の舞台となったのは、19日に幕張メッセで開催された、ファッション&音楽のイベント『Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER』。トップバッターを飾ったローラは大歓声を浴び、ランウェイを歩いた。

 その後、楽天NBAのステージにサプライズ登場。再び熱気に包まれる場内の中央に伸びるランウェイを、ローラはクールな表情でフラッグを振り回し登場。あたかも凱旋のように割れんばかりの歓声を浴びた。

 ステージに戻ったローラは開口一番「最後に失敗しちゃった」と、ランウェイの先端でフラッグを振り回した際に顔に掛かってしまったと照れ笑い。クールな表情によって包まれていた場内の緊張感は、普段みられる愛くるしいキャラが垣間見えた途端に解かれ、再び歓声が挙がった。

 学生時代「ずっとバスケ部だったの。吹奏楽部にも入っていた」と明かしたローラは現在、NBA公認アンバサダーを務めており、バスケ好き。本場・米国でNBAを観戦しているよう。「日本でももっと大好きが生まれてくれたら」と日本でバスケが活気付くことを期待した。

記事タグ