草なぎ剛が、23日発売の女性月刊誌『JUNON』7月号(主婦と生活社)で少年時代を振り返っている。

 「だらしない。集中力がない」という子供の頃の草なぎは「すぐに飽きちゃうから勉強が嫌いで、勉強しなさいって言われてて。でも、自分の好きなことしかしなかった」という。そのなかでも「体を動かすことは好きだったかな」とも。

 そうした性格から「この仕事で良かったですよ」とし、「毎日が違う、変化がある仕事なので、向いているのかなって思ったりしますね」と語っている。

 なお、創刊45周年を迎えた『JUNON』の本号の巻頭は山埼賢人が飾った。また、別冊付録『あのころJUNON』が付いてくる。藤原竜也、山田孝之、小池徹平、佐藤健、三浦翔平、西島隆弘など2000年〜2010年に『JUNON』に登場した、大物スター15組の懐かしいページを当時のまま復刻している。