女優・グラビアアイドルの小倉優香(19)が19日、都内で、自身初となる写真集『ぐらでーしょん』(講談社)の発売記念イベントをおこなった。このなかで小倉は写真集について「スタッフの皆さんの協力もあって良い物ができました。チーム全体で100点」と太鼓判。また「目標が女優であることはブレませんが、グラビアがどんどん好きになってきた」と、グラビアにやりがいを感じ始めている様子を見せた。

小倉優香(撮影=小池直也)

 小倉は1998年生まれ。2013年に芸能界入りし、同年にモデルとして、2015年からは女優としても活動している。2017年には『週刊ヤングマガジン』でグラビアデビュー。持ち味である可愛らしい笑顔と均整のとれたプロポーションは「リアル峰不二子」との呼び声もある。学生時代に競技チアダンスで全米大会優勝の経験も。それもあってか、7月からスタートのドラマ『チア☆ダン』(TBS)にも出演予定となっている。

 この日小倉はからし色のワンピース姿。ファン向けの握手会がおこなわれる前に記者向けの囲み取材に応じた。そこでは2月にハワイで撮影されたというこの写真集について、質問が飛び交う。

 まず小倉は自ら選んだ、好きなカット2枚について「不思議な写真なんですけど、お気に入りのカットです」、「すごい寒いプールに入りながら撮ったので、頑張った自分を褒めてあげたい」とそれぞれ解説した。また撮影期間は毎日雨予報だったそうだが、現場に着いた瞬間に晴れることが続いたという。それを振り返りながら小倉は「(私は)雨女なんですけど、いつも雨だったのはこの日のためだったんだな思うくらい晴れました」と語った。

小倉優香『ぐらでーしょん』(講談社)一部カット。小倉のお気に入りだという

 グラビアデビュー時と今については「最初は同じ笑顔しかできませんでした。その後に色々な表情を色々な方に教えて頂いて、角度とかも(意識)できる様になりました」と自身の成長を感じている様子だった。写真集の点数については「100点です」と自信満々。「(私は)悩みながらやっていたけど、スタッフの皆さんの協力もあって良い物ができました。チーム全体で100点」と意図も明かす。

 さらに小倉は「全人類に見てほしい」と大胆にコメントし、「男性だけだと偏ってしまう。ダイエットブログをみて『一緒に頑張ってるよ』と言ってくれる方もいるので、そういう女性にも見てほしいです」と重ねた。ダイエットについては「53キロから48キロを目指している」そうで「今は51.7キロとか」とのこと。今は「自分が好きだった頃の体型よりぼっちゃりしている」のだそう。

 デビューしてから変わってしまったなと思う事は「嘘が上手くなったこと」とした。理由は「嬉しいことがあったらすぐ言っていたんですけど、今は情報解禁がまだなことがいっぱいあるので」とした。「目標とする女性は「体型は泉里香さん。(女優としては)満島ひかりさんや、二階堂ふみさんみたいな裸でぶつかる女優さんになりたいです」とコメント。「目標が女優であることはブレませんが、グラビアがどんどん好きになってきた」とも述べた。

 名前が似ているタレントの小倉優子について問われると「意識はしていませんでした。デビューする時に『変えた方が良いか?』と相談したんですけど、今はこのままいこうと思っています」と答えた。その“大先輩”については「可愛らしい方だなと思っていました」と印象を明かした。【取材・撮影=小池直也】