m-floのVERBAL、☆Taku、LISAが18日、東京・渋谷でおこなわれたイベント『IT’S Miller TIME(イッツ ミラー タイム) ~vol.1 m-flo presents 宇宙のビアガーデン~』に登場、スペシャルステージでスペシャルライブをおこない、大盛況のライブを披露した。

ステージのもよう(撮影=桂 伸也)

 この日のステージでは、先にDJプレーをしていた☆Takuに続きVERBALがステージに登場すると、会場は常軌を逸するほどの大盛り上がり。2人のプレーに続いて、VERBALからの呼び込みによりLISAが登場すると、会場は彼らのサウンドがかき消されるほどの歓声が沸き、さらに熱気を立ちのぼらせていた。

 2002年4月をもって同グループを脱退していたボーカリストのLISAが復帰し、15年ぶりにオリジナルメンバーとしての活動を再開したm-flo。あまりの会場の盛り上がりに「のっけからヤバかった」とステージを振り返るVERBALは、LISAの登場時を「地鳴りのような歓声を感じました。やっぱりみんなLISAが出てくるのを待っているみたいだったし。3人で再始動したときにも、すごく感じたよね」を振り返る。また☆Takuも「僕らも嬉しい、こうやってオーディエンスもそんな風に待っていたことを感じさせてくれたのは」と3人体制でのステージを喜んでいる様子。

ステージのもよう(撮影=桂 伸也)

 LISA自身も「私がいたときと、離れていたとき、そして戻ってきたときというこの3つの段階というのを普通に人前で出来るグループってなかなかないと思うんですよね。もともと今の一つ前の、この2人だけというパフォーマンスも、今の時点で堂々と披露できるということからも、やっぱり彼らはカッコいいと思うし」と改めてVERBAL、☆Takuを賞賛しながら、これまで、そしてこれからの活動についてその思いを明かしていた。

 このイベントは、ビール世界大手のモルソン・クアーズが今年5月に日本に投入したばかりの高級ビール「ミラージェニュインドラフト」の発売を記念して、同ビールの飲み放題と人気音楽グループm-floのライブを楽しむという趣旨にておこなわれたもの。家族の酒好きの影響もあって、無類のビーラー(ビール好き)だというLISAだが「一番この中で飲む人は、この人ですから!」と☆Takuを指し、それほど酒が強くもないのに、延々と飲み続けているということを明かす。

ステージのもよう(撮影=桂 伸也)

 一方、LISAはかつてm-flo在籍時に、酔っ払いすぎて自分の家がどこにあるか分からず、間違えて他人の家の、入り口のドアを夜中に叩いていたことを告白。「そのときに付き合っていた男が中にいて、私をロックアウト(締め出し)したんじゃないかと思って。だからガンガンドアを叩いたり。でもどんなに叩いても男は出てこなかったので、扉の前に寝ていました」と強烈な酔っ払い失敗談を明かしつつ、苦笑いで恐縮しながらも、その家から後日クレームを受けていたことを明かし「気をつけます」と謝罪したことと合わせて「やっぱり記憶がないって、怖いですね。早く守ってくれる男を作らなきゃ」とコメント、笑いを誘っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)